芸大・美大受験総合予備校 湘南美術学院 ショナビ|鎌倉大船校横浜校横浜青葉台校

Twitter

facebook

2014年2月

中3生コース「石膏模刻」

久々の中3ブログです!!

中学3年生は高校受験も終わり、また久々に中3生全員が集まって授業をしました。

受験のみなさまおつかれさまです。

さて、今回の課題は「石膏模刻」です。石膏模刻とは石膏像を粘土を使って360度そのまま写し取るというものです。

中学生で模刻をするのはなかなかないことですが、湘南美術学院では毎年やらせます。

というのもデッサンだけでは気付けないことがたくさんあるからです。

例えば実際に360度作ることで物の量感をそのまま感じ取ることができたり、様々な角度から観察することで

今まで気付かなった構造や動きに気付かされたりなど、ただ観ることよりその像について何倍も知ることができるのです。

実際の様子を見てみましょう。

 

mokoku1.JPGまずはおおまかな量を合わせる作業です。スポーツのように体を動かして作ります。mokoku.JPGおおまかな量や比率が合ってきたら細かい表情にも手をいれていきます。真剣です!

mokoku4.JPG像の量感や動きをうまく捉えることができた作品ですね。動きを捉えるには正中線(物の真ん中を通る線)を粘土にデッサンしておくといいでしょう。

mokoku3.JPG頬から耳への形やおでこの形など、ぴしっと作られていて強く見えますね。その分顔面以外への興味が少し足りないように思います。

頭部全体として捉えることが出来ると更に良くなるでしょう。

mokoku2.JPG横顔の印象がすばらしいです。横顔を合わせることで正面から見たときの影のつき方が変わってきます。

顔を似せるには影のつき方を合わせることが大切です、つまり横顔のラインというのは大切なんです。

デッサンにも活かせそうでうね。

 

 

他にも様々なことに気付かされた学生が多かったのではないかと思います。今回の課題で思ったことは忘れないでいてほしいです。

次回は石膏デッサンです。どんな絵ができるか楽しみですね。

ジュニアアート『構成デッサン・構成着彩』

こんばんは!

今回のジュニア課題は

『構成』!

まず構成、特に構成デッサン・構成着彩とは何か。

普段は置いてあるモチーフを描いていますが、

今回は自分で考えて画面の中にモチーフを描いていきます。

なので作者の意図・思考・センスなどが問われる課題でもあります。

そして今日のモチーフは

「アネモネ」「球(質感は色々)」

です。

いきなり本番にはいきません・・・

吟味して吟味して出て来たものを本番の画面に描くのです!

20142231.JPG

アネモネを二輪セットして本番へ!

DSC09964.JPG

本人は少し自信がなさそうですが、

良く描いています。

それぞれ鉛筆での仕事をした後に人によっては絵具へ、

人によっては更なる描き込みへと進み、、、、、、

いざ講評!!

DSC09974.JPG

講師からのレクチャーはありつつもなかなか面白い作品が並びました。

今回もその一部を紹介します。

DSC09980.JPG

丁寧な描写の中によく見ると花の中に、、小さな花が!

DSC09984.JPG

しっかりとした観察、繊細な描写によってただ上手いだけでなく

独特の味わいがあります。

DSC09990.JPG

ば、、爆弾?

ユーモアのある構成もしっかり観察しているからこそです。

今回は少し大人びた課題でしたが、ジュニアでは生徒を子供扱いしません!

大人の階段を上る小中学生達よ、来たれ!

次回は今年度最後の授業

『面白いグッズを考えよう』

です。

お楽しみに!

ジュニアアート横浜青葉台校『アネモネとボールで画面構成』!

今日のジュニアアートは、とってもにぎやか!

5名の生徒さんを迎えて、和気あいあいとしたムードで制作です。

20140223zentai.jpg

モチーフは、アネモネと野球ボール。

20140223motief.jpg

よ〜〜〜く観察する!ということだけがルール!

あとは、どんな画面にしてもOK。ふやしても、つなげても......

さて、どんな面白い絵が出来上がるかな?

20140223seisakusi.jpg

黙々と、どんどん絵が仕上がっていきます......

20140223seisakubo.jpg

すごい。みんなの感性のゆたかさに、感動の連続です。

講評には、すてきな作品がズラリ!

20140223kohyo.jpg

こちらは、中学2年生の女の子。

つぼみがボールを巻き込みながら成長して...

一番右上のアネモネは、かつての自分の成長ぶりを見ているそうです。

すてき!

20140223sigihara.jpgそして、こちらは中学1年生の女の子。

ボールの縫い目を開くと、そこからアネモネが生えてきます。

そして、どんどん成長して...大輪に!

ものすごい細かい描写です。時間内には終わりませんでしたが、

お家で完成させてきてくれるとのこと。楽しみ!

20140223nanaria.jpg

それから、同じく中学1年生の女の子。

アネモネの長い茎に注目しました。

なんとなくアールヌーボーのような......

「デザイナーになりたい!」と目を輝かせる少女です。

色使いや画面構成のセンスがきらり!

20140223mayu.jpgそして、小学6年生の男の子!

すさまじい集中力で描ききりました。

20140223fuuga.jpgボールから、いろんなアネモネが生えているところ。

アネモネの花も、一輪だけでなく、何輪もたくさん観察してデッサンしました。

野球ボールの細かい目もすばらしい...!

構図のとりかたもバランスがよく、余白の形にも表情があって

見飽きない絵です。

最後は、小学5年生の女の子!

いちばん年下だけど、いちばん大胆!

20140223botan.jpg青いアネモネの花びらの1枚1枚や、茎や葉っぱのなかの

いろいろな色を探して、色彩豊かな画面ができあがりました。

ボールの赤い糸のなかにも、いろんな色があるんですよ!

とっても感性豊かなみんな。

講評ではおたがいに感想や意見を言い合って、初めて会う同士もいましたが

最後にはすっかりチームメイトになっていました。

さてさて、3月は、来週が通常授業のラスト。

面白グッズをデザインしちゃいますよ〜!

そのあとは、基礎科祭のための自由制作にとりかかります。

21、22日に鎌倉芸術館での基礎科祭(大船校・青葉台校あわせた、

基礎科生の大展覧会!)を終えたら、春季講習会が始まります。

特設サイトはこちら!スケジュールをご覧頂けます。

http://2014springseminar.businesscatalyst.com/yb.html

(お申し込みは、資料請求のうえ、学院受付まで。)

ジュニアアートも、毎日、アタマと心をめいっぱい働かせる

楽しい課題をご用意しています。

ぜひぜひ!お待ちしています☆

20140223neko.jpg

生徒さん作の、アネモ猫(*^_^*)

=ΦωΦ= 猫の日

オリンピック漬け、継続中です。が、今日2/22は「にゃんにゃんにゃん」と語呂合わせで「猫の日」。猫が苦手な人もいるでしょうが、「猫の日」に免じて、お付き合いください~♪

 

猫は犬とならんで、私たちにとって親しい動物の1つですよね。『更級日記』にも「いづら、猫は。こち率て来(猫はどこ? こちらへ連れてきて)」とあります。『枕草子』『源氏物語』にも登場しています。

犬は雑食なので人と同じモノを食べます。人間と生活し始めた歴史は長く、1万年前にはオオカミから家畜化して番犬になっているのだとか。

一方、猫は肉食なので穀物などには興味がなく、稲作等が始まった4~5000年前頃からネズミなどの害獣駆除のためにリビアヤマネコが家畜化してきたのだとか(猫まんま、は米飯とお味噌汁ですが・・・)。

 

hug.jpg語源は、「寝る子」で「ネコ」とも、「ネズミをとる」から「ネコ」とも。古語辞典「猫」の項を見ると、《擬音語ネに接尾語コを添えたモノという》とあります。たしかに猫の声はナ行音で表せますよね。

また、「cat」には「ネコ科の動物」という意味もあるそうです。・・・ライオンやトラがじゃれ合う姿、「大きな猫」に見えないこともないですもんね(笑)。

 

 

★新・言の葉ゼミ46 「表現」

 

①「表現力を磨きたい」

②「英会話(表現)を習いたい」

 

「表現」には、確かに技術も不可欠だが、技術以上に「何を表現したいのか」という内容の方が重要だ。

 

③「自分の気持ちをうまく伝えたい」

 

たとえば、「がんばって」と励ますつもりが、言われた方が反発したり、負担になったりする場合もある。・・・そんなとき、原因はきっと他者不在にある。相手の気持ちに寄り添っていないのだ。

「表現」には自分や自分らしさは欠かせない。が、同時に、受け手である他者も欠かせない、ということだ。

 

「表現」は、自分の外側に出した以上、他者と共有するモノとなる。自分がいい・悪いと感じたり思ったりしたモノを、多くの人と共有するために「表現」があるのだと思う。

そのためにも、外界にある多くのモノに触れ、それらを自分の中に取り入れ、消化・吸収して内面を豊かにしたい。その一方で、自分の内側に満ちてきたモノを、他者に向けて「表現」していく。数多くある「表現」手段の中から、自分らしいモノ、相応しいモノを選び、「内面」を豊かにし、「表現力」を磨き続けたい。(柳田晴子)

1dayアート 2月☆ステンシルでエコバックをつくろう!☆

2月16日大船校での1dayアートの様子です☆

エコバックのデザインを考えます。。。お母様達も真剣。。。!

DSC09913.JPGデザインが決定したら、カッターを使って切り抜きます。

DSC09917.JPG低学年のカッターを使ったことのない子たちも、集中して上手にできました~!

DSC09914.JPG

DSC09921.JPG切り抜き終わったら布用の染料で色を作って~ポンポンとたたきながら色つけ☆

DSC09920.JPGみんな良い味がでてる~!

DSC09919.JPG

DSC09929.JPGDSC09922.JPG

DSC09939.JPGおんなのこ達には名前を入れるデザインが人気でしたね~♪DSC09937.JPGワンピースチーム!

好きなキャラクターも、自分で描いてみることによって、色や形のたくさんの発見がありました~!

 

DSC09942.JPG次回は3月2日に横浜青葉台校でも同じ課題が行われます!申し込みはお電話にてお待ちしております

 

DSC09912.JPG

1DAYアート1月凧上げを作ろう!

更新遅くなりましたが、1月の1dayアートの様子です!

和紙を使って骨組みから、本格的に凧をつくりました~!2.jpg

3.jpg

6.jpg8 (2).jpg4.jpg5.jpg横浜青葉台校では、今までで最多の15名の参加となりました☆

 

ジュニアアート『わりばしを使って立体を作ろう!』

今日はわりばしを使って立体を作りました!

わりばしで立体のものをつくる・・・?

日常生活でつかっているものでどんな作品が出来るのでしょう!?

そんな心配をよそに、みんな黙々と制作を進めます!

2014.02.16 1.jpg

こちらではこんなに背の高い作品が・・・!

2014 .02.16  2.jpg最初に一人100膳配ったわりばしを使い切ってしまう生徒続出でした!

作品を数点ご紹介します!

20140216 7.jpg底の形は五角形ですが、積み上げて行くうちに変化して行く様子が

製作中を見ていてもとても面白かった作品です!

今にも動き出しそうな勢いがあります!

20140216  6.jpg対してこちらは静かな中に微妙なゆがみを作っています。

なかを覗くとどこかに迷い込んでいくような...いろんな場面が想像できて、おもしろいですね!

20140216  5.jpgなかにはこんな作品も!とても細かくて目が釘付けになってしまします。器用ですね〜

このように普段身近に使っているものでも、工夫次第ですごい作品が作れるんですね!

先日の大雪でまだまだ足下が悪い中、頑張って来た甲斐がありましたね!

まだまだ作り足りない人もいたようなので、お家で続きを作るもよし、新しい作品をつくるもよし!

新作が出来たら、是非講師やお友達に見せてくださいね〜!

ジュニアアート横浜青葉台校、割り箸で町を作ろう!

先週は大雪でおやすみ、二週間ぶりの今日のジュニアアートは...

「割り箸で町を作ろう!」

まず、どんな町にするのか?

なにを作るのか......みんなで会議して決めました。

20140216labo1.jpg

20140216labo2.jpg決まったのは、全員の名前からとった

「ラボリア王国」。

北にある、自然がいっぱいの町です。

そこに住む王子、スコティッシュ3世の、今日は結婚式。

遠くからお姫様がやってきて、それを山の妖精や宇宙からきたUFOまで

みんなが祝福している......そんな町を作りはじめました!

20140216labo3.jpg黙々!!!

20140216labo4.jpg後半には、無料体験の生徒さんたちも一緒に。

20140216labo5.jpg出来上がり!!!

よかったら動画でもご覧ください。

動画はこちら!

20140216labo6.jpg

20140216labo7.jpg20140216labo8.jpg楽しく、立体のしくみや、空間の構成について

実践しながら学ぶことのできた一日でした。

ラボリア王国に幸あれ!!!

本日は別室でジュニアアートの無料体験も行いました!内容は、「球体を描く!」

何を描くにおいても、球体というのは基本形です。その基礎を身につけ、野球ボールを描きました!

2014.2.16無体.jpg物に落ちるの影、物が落とす影、しっかり捉えています。ボールの形、縫い目までしっかり描けています。

来週は静物着彩の授業です。モチーフをよく観察し、絵の具でしっかりデッサンしましょう!

準備、実践・・・結果

オリンピック漬け・・・の日々です。

 

さて、びっくりするような大雪が2週続き、日頃の準備不足が露呈しましたが、40年に1度というレベルの雪に備える難しさを感じます。

寺田寅彦がいうように、「災害は忘れた頃にやってくる」・・・必ず訪れるのは分かっている、けれど、ずーっと緊張して備えていると神経が参ってしまうし、かといって、備えを忘れてしまうと、いざというときに何もできません。

 

IMG03863.jpgで、ふと。

大学の試験日というのははじめから分かっている。その日に備えることって、案外簡単なのでは? と。

十分な準備、満足できる準備というのは口で言うほど簡単ではないでしょうが、悔いのないように実力を発揮するためにも、心身ともに健やかにその日を迎えられる・・・そんな準備をしたいものですね。

 

受けてしまえば、あとは結果を待つだけ。

昨日の大雪、一足早く「満開の桜」を見せてくれました。・・・さ、待ちましょう!!!

 

 

★新・言の葉ゼミ45 「表現(expression)」と「暗示(hint / suggestion)」

 

「表現」の「表」も「現」もともに「あらわす」意味であり、思想や感情、意見を具体的に言葉や形にして外に出す(見せる、示す)こと。

ただ、「表現」は「表現」でも、分かりやすい・分かりにくい、がある。

 

①「ストレートな表現」

②「遠回しな表現」

 

①は「明示」、②は「暗示」。

「明示」は、はっきりと分かるように示すこと。

対して、「暗示」は、(1)問題解決への(起こるべき事柄を予測しうる)手がかりを、それとなく示すこと、(2)相手が信じ込むような雰囲気を作っておいた後、本当は疑わしい事柄をも事実だと思いこませるように言うこと(「表現」との対比なので、(1)のみ扱う)。

 

自分の内側にあるモノを外に表すことが「表現」だが、そこには意図がある。それとなく伝えたかったり、伝わらなかったら伝わらないでもいいと思ったりすれば、「暗示」的なモノになる。傷つけたり傷つくのを恐れたりする場合、「暗示的」になるものだ。

また、はっきりと意思表明をしたい場合なら、「明示的」になる。

 

次回も、もう一度、「表現」を考察する。(柳田晴子)

大船雪祭り

昨日の副学院長像が本日はトルソーに生まれ変わりました。

IMG_6008.jpg

作者らと一緒にshot !!

It's a snow day.

彫刻科の生徒は大雪でも元気です。

どれだけ元気かというと学院前に副学院長を

もう1人誕生させてしまうほど。

image3.jpg

本番でもこの勢いで頑張って欲しいものです。

ジュニアアート『静物デッサン』!

今日の課題は、静物デッサン。

モチーフは、石膏の首像と瓶!

新年初めてのデッサン課題です。

初心者は木炭、経験者は鉛筆で、木炭紙大の画面に

力一杯描きました!

2014.02.02  1.jpg

総勢25名、新鮮なムードのなか、集中して取り組みました。

もちろん上手く行かないこともあったけれど、

進級を控え、それぞれの学年からひとつ上へのレベルアップを

目指して挑戦!

がんばった作品たちが並ぶと、講評風景は圧巻でした。

2014.02.02  5.jpg少し、作品をご紹介します・・・

2014.02.02  3.jpg中学2年生の作品とは思えない仕上がり!

2014.02.02  4.jpg「デッサンが好き」と豪語する彼は、

最後の最後まで似せようとがんばりました。

まだまだ技術では受験生の先輩達には届かないけれど、

熱意だったら負けない!!!

そんな一日でした。

来週は工芸課題!どうぞ、お楽しみに〜!

青葉台ジュニア、無料体験

本日の青葉台ジュニアアートは石膏デッサンを行いました!

DSC01209.JPG

2回目、あるいは初めての石膏デッサンのため、大胆にかけて大胆に消せる木炭で挑戦です。

ジュニアアートではデザイン、工芸、油、日本画、彫刻、建築と毎週様々な課題を行いますが、

時おり集中してデッサンも行い、基礎力も上げていきます。

 

そして13時からは無料体験も行いました!課題は、ピーマンの目隠し模刻!

DSC01206.JPGちょっと怪しげな様子ですが、視覚にとらわれず、手の感覚だけで本物に近づけていきます。

お母さんにも一緒に参加して頂きました!とてもお上手。

 

ではでは、仕上がった作品を見てみましょう♪

DSC01214.JPG

何度も何度も形を直し、妥協せずに仕上げた力作!

全体の大きな光も捉えようとしています。

 

DSC01211.JPG

手の感覚だけというのは、実際にやるとかなり難しいことがわかります。

どちらの作品もよく"手で"見て特徴を捉えられています。

 

本日は「よく観察すること」をテーマに、どちらも集中していい時間が流れていました。

この調子で来週も課題も取り組んでいきましょう!

ページトップへ