芸大・美大受験総合予備校 湘南美術学院 ショナビ|鎌倉大船校横浜校横浜青葉台校

Twitter

facebook

2014年4月

中3大型石膏×大型静物

先週に引き続き、中3コースは大型静物デッサンをしました。

oogata2.jpg

かなりの力作がでたので今回はそれを紹介したいと思います。

oogata4.jpgこのデッサンは今回のテーマであった「構図」というところでとても良い作品です。形の正確性や書き込みなどは足りないものの、絵としての見せ方が感覚的に良いものを持っていますね。

とある先生からは巨匠のようだという声もありました。

oogata.jpgこちらは、実力派のデッサン!石膏像の形、量感、動き、などがとても良く表現されています。書き込みも見ごたえがありますね。

oogata3.jpgこちらは一つ一つの物というよりは、その「場」とか「空間」がすっきり見えて良いデッサンです。静物デッサンではこのように物の配置の状況や空間といったものを表現することが最も重要視されることのひとつだと言えます。今後も空間という意識を磨いていってほしいです。

それでは良いゴールデンウィークをお過ごしください。

1dayアート「陶芸やっちゃおう!」in鎌倉大船校

DSC01200.JPG☆1DAYアート鎌倉大船校の様子です☆

DSC01192.JPG

DSC01191.JPG

DSC01216.JPG

DSC01208.JPG

DSC01201.JPG

DSC01206.JPG

DSC01202.JPG

DSC01227.JPG

DSC01215.JPGDSC01224.JPG

DSC01218.JPG

DSC01232.JPGDSC01229.JPGDSC01233.JPG焼きあがりは、鎌倉大船校、横浜青葉台校あわせて夏頃を予定しています!

おたのしみに~☆ミ

次回のワンデーアートは染色です。

鎌倉大船校は5/25開催です。

予約開始は5/12、9時半~0467-46-1338にてお待ちしております!

ジュニアアート横浜青葉台校 『名画の中に自分を描こう!』

こんにちは!

今日の課題は『名画を模写し、自分を描こう!』です。

名画に自分を入れると言えば、美術家の森村泰昌さんが有名ですね。

模写は得るものが多い課題ではありますが、少しストイックでもあります。そこで、今回は自分を画面に登場させオリジナリティーを出そうというものです。

生徒には予め名画のコピーを用意してもらいました。

どんな作品が出来るかな・・

DSC02180.JPGゴッホ『夜のカフェテラス』の画面右上に綱渡りをする人が・・。

DSC02181.JPG

ミレー『羊飼いの少女』の編み物をしている少女の服を引く人が・・。

DSC02184.JPG制作終了!

模写はやはり時間がかかるもので・・完成はしませんでした。

しかし、みんなとても集中して取り組んでいて、制作終了後はもうヘトヘトといった様子でした。

講評会で、『模写した作品に親近感が持てた』『意外な色が使われていた』などの意見があり、苦戦しながらも得るものがあったようです。良かった◎

さて、来週はG・Wでお休みです。

そして、再来週の課題は『レターセットを作ろう!』です。お楽しみに◎

楽しい休日を〜!!

山の主人公

毎年この時期に思うのは、「春」が訪れる幸せです。

1986年4月26日、旧ソ連(現ウクライナ)で起こったチェルノブイリ原発事故。私は高校生でした。

大学生になって、初めて『沈黙の春』という著作を読みました。その後、『複合汚染』という作品も。知らないことが多すぎる、と真面目に考えたように記憶しています。

 

でも「知らないことが多い」のは当たり前。私たちはすべてを知ることはできません。知る必要もないかもしれない。

 

哲人・ソクラテスの「無知の知」・・・「知らない」という自覚を持ち、謙虚になる。「知らないから」と開き直らず、「知りたい」という好奇心を持つことが大切なのだと思います。

 

目の前の悪い状況が好転せず、閉塞感にさいなまれると、自棄になったり、投げだしたくなったりするものです。

けれど、内側の深いところまで、とことん沈みこんで苦しくなったら、浮かび上がるしかなくなります。そのときは深呼吸してみましょう。比喩ではなく、本当に美味しい空気を身体いっぱい吸い込んでみたら、・・・きっと、何かが変わるはず。

 

GW休みの間、少し、街中から離れて、ふらふら歩いてみてはいかがでしょ? 花を見つけたり、鳥のさえずりが聞こえたり、水の流れる音を耳にしたり、心地よい風に吹かれたり、カラカラの喉を潤す水を味わったり・・・変わらないわけがありません。

 

自分は自分の人生の主人公ですが、異なった環境に身を置くと、自分は脇役だーって実感します。その感覚には寂しさも伴いますが、肩の力を抜くキッカケにもなります。

 

IMG04201-1.jpg私も山歩き、行ってきます♪ 山の主人公に、いっぱい出会ってきたいと思います!!! 美しい自然を満喫できる季節、そんな幸せを噛みしめてきますね!!! 皆さんも素敵な休日を! あ、スポーツ大会で☆

(小さなコイノボリ☆ 野球も絶好調~♪)

 

 

★新・言の葉ゼミ54 「助詞」

 

①「象は鼻が長い」

 

「は」も「が」も名詞について主語を表わす「格助詞」なので、「An elephant is ...?」「A nose is ...?」と混乱する人もいるはず。ヒントは述語「長い」。「何が長い?」→「長い」=「鼻」と分かる。

①「象は」の「は」は「話題の『は(ワ)』」と説明される。「象について話すね~。鼻は長いよね~」というわけである。

GW休み明けは「助詞」の復習から。(柳田晴子)

1dayアート「陶芸やっちゃおう!」in横浜青葉台校

☆4/20に開催された1dayアートの様子です☆

陶芸やっちゃおう!というテーマでお皿やコップなどをつくりました!

DSC02039.JPG

ろくろがなくても陶芸は出来ます!

みんなも見たことのある有名な縄文土器も、「手びねり、ひもづくり」という方法で作られています。。。

ひもづくり、板づくり、玉づくりの方法を勉強して、、それぞれの形を作りましょう!

DSC02086 (640x426).jpg

1dayアートでは保護者の方の参加も大歓迎です!

ぜひお子様とのご参加お待ちしております☆

 

DSC02046.JPGDSC02041.JPG 

DSC02037.JPG

粘土という素材はとても自由に形がつくれます。

でも、焼くとヒビが入ったり割れたりもします。

また、自由に形が作れると言いましたが、

大きなものをつくろうとするととても扱いにくい素材になります。

でもそんな良い所、むずかしい所、全部を子どもたちに体験してもらって、

きれいに出来なくっても楽しく、考え方を変えれば方法のある事、

自由にのびのびとした発想の元大きな想像力を養ってもらえたら、と思っております。

DSC02042.JPG

釉薬(うわぐすり)は白、トルコブルー、茶褐色の3色の中から好きな色を選べます。

どんなやきあがりになるかはお楽しみ♪

※4/27鎌倉大船校の「陶芸をやっちゃおう!」

の回はすでに定員に達しておりますのでご了承ください。

2014中3コーススタート!

今日は2014年度の最初の授業です!!

今回はステップアップということで、大きな紙(木炭紙倍版)に大型の静物デッサンをしました。

DSC01102 - コピー.JPGモチーフは円盤投げ、トルソ、流木、垂木の構成です。大きな画面なので二週かけてがっつり描きこみます。

今日は今までに描いたことのない大きさの画面にモチーフをどのように描いていくかといった、構図について考えることにしました。

DSC01099 - コピー.JPGDSC01101 - コピー.JPGみんな良い感じで進んでいます。来週の完成が楽しみですね!!

ジュニアアート『針金で動物を作ろう!』

ジュニアアート2014年度が始まりました!

新しいメンバーや講師も加わり、新たなスタートです!


初回ということで、改めてジュニアアートとはどんなものなのか、

ガイダンスを行いました。

20140420   1.jpg今年のジュニアアートは「超ピカソ」がテーマです!

文字の通り、ピカソを超えるぞ!ということです。

ジュニアアートのみんなは「超ピカソ」も夢ではないかも...!?

さて、今日の課題は本物の動物たちをモデルにクロッキーをして、

そのクロッキーをもとに針金で立体作品をつくろう!という内容です。

クロッキーとは、速写(速描写)。

モチーフの全体を素早くとらえて描くというものです!

20140420  2.jpg

動き回る動物を前に、みんな夢中でクロッキーしています。

20140420  3.jpg午後からは立体制作に突入!慣れない素材にうなり声をあげながら、

必死に針金と格闘しています!!

それでは、出来上がった作品を紹介いたします〜!

20140420  4.jpgなんともハトらしいシルエット!クロッキーの成果がでましたね。

座っているポーズらなではの鳩胸のふくらみがよく表現されています。

20140420 5.jpgこちらは大胆な針金使い!ですが、ちょこんと添えられている手の作りが細やかで

うさぎらしい自然なポーズに出来上がっています!

20140420 7.jpgクロッキーで見つけたウサギらしいシルエットを

軸のラインで上手く生かせていますね!

目や鼻の表現がおしゃれですね!

みんな初回からハードな課題でしたが、集中力を切らさずしっかり取り組めました!

クロッキーはどんな分野の課題でもとても大切なものです。

日常の中でも気になったものをどんどんクロッキーしてみましょう!

次は絵画課題です!面白そうなテーマなので、楽しみにしていてくださいね!

ジュニアアート横浜青葉台校『マチスになりきろう!』

こんにちは!

今日は、ジュニアアート2014年度の初日。

横浜青葉台校、講師やカリキュラムも新たにスタートです!

今日は体験授業の生徒さんも含めて6人。

20140420zentai.jpg

半年前、1人から始まったことを考えると、本当ににぎやかになりました。

この調子で、どんどん元気なコースにしていきたいです!

20140420motief.jpg今日の課題は『マチスになりきろう』!

さまざまな色紙を使って、木炭紙大の大きな画面に、

貼って構成してゆきます。

20140420seisaku.jpg鮮やかな色紙を、切ったりちぎったりして、

自分なりの画面を作ってゆきます...

20140420jugyou.jpgどんな画面が出来上がるかな...?

20140420kouhyou.jpgできあがり!!!

20140420fuuga.jpgモチーフの傘の内側に青空!そして、白い画用紙に色を塗った、自作の色紙を使っています。工夫がすばらしいです!

20140420justin.jpgこちらは、体験で来てくれた生徒の作品。

色紙を切るとき、ハサミを使わず、ほとんど手でちぎって制作していました。ダイナミックで素敵な作品となりました。20140420sigihara.jpgこれまた力作!!色彩と工夫された細部がすばらしいです!そして、画像でわかるでしょうか?左側の白い部分は立体で布を表現しています。

予想以上の力作に驚きました!

来週の課題は『名画の中に自分を描こう』です。

お楽しみに!

コイの季節を前にして~♪

コイはコイでも「恋」ではなく「来い」でもなく・・・「鯉幟(こいのぼり)」の「コイ」です。

 

鯉は英語で「carp」、ちなみに単複同形。だから、野球チーム名が「TIGERS」「GIANTS」「DRAGONS」「SWALLOWS」「BAYSTARS」と、それぞれ複数形「-s」になっているのに、「広島東洋カープ」は「HIROSHIMA TOYO CARP」なのです。

 

野球は初夏が似合うスポーツです。美しい芝生、青空、白い球・・・。赤いユニフォームは、初夏のデイ・ゲームに映えます! 端午の節句に鯉幟~♪ 青空を舞うように泳ぐ鯉幟の季節、グランドで躍動するコイたちのプレイに期待大です!!!

 

IMG04195.jpg・・・と、気づけば、冬のスポーツ、NBAはプレイオフが始まりました。こちらも楽しみです☆ ・・・ただ、贔屓のチームが初戦で優勝候補最右翼のチームと激突。・・・ハラハラドキドキです!!!

(先週誕生日祝いにいただいた、赤い苺のケーキ☆ 美味しかったです!)

 

 

★新・言の葉ゼミ53 「助詞」

 

英語にあって日本語にない品詞の一つは「冠詞」、一方、日本語にあって英語にない品詞の一つが「助詞」。「冠詞」もなかなか興味深いけれど、今日は「助詞」のお話。

日本語は「膠着語」に分類され、さまざまな要素が「貼りつく(=膠着する)」ことで、伝える内容を変化させる言語。「助詞」を無理やり英語で表すと「particle」だが、ふさわしいとは思えない。「助詞」は最も日本語らしい品詞かと。

 

「助詞」の別称に「てにをは」というモノがある。「『てにをは』がおかしい」といえば、「助詞」の使い方が不自然、もしくは、誤っていることを指す。

 

①「彼は芸術家だ」

②「太郎は花子が大好きだ」

③「オレはウナギ」

 

さて、①~③の文の主語は何か?

①②を英語にすると、「He is an artist.」「Taro loves Hanako.」、③「I am an eel.」・・・はて? 私たちは「何を注文する?」と尋ねられると、こういう答え方をすることが多いが、「オレ=ウナギ」ではない。

 

④「象は鼻が長い」

 

④の主語は何か? ・・・③④について、次回まで、少し考えてみてください。(柳田晴子)

★横浜青葉台校★4月20日の1Dayアートは定員になりました!

4月20日に開催される1Dayアートですが、

20名定員に達しましたので応募を締め切らせていただきます!!

沢山のご応募ありがとうございます★

 

20日の授業風景は追ってブログにアップいたしますのでお楽しみに~^^v

 

4201day.gif

exciting nervous と nervous nervous

ショナビの新学期が始まって1週間。皆さんも進級したり進学したり、と新しい環境での生活が始まっていますね。

新しい環境というのは、大小の差はあっても、誰でも緊張しているものです。

 

ショナビのガイダンスで日本画科・吉田先生が仰っていました。環境が変わるのは「自分を変えるチャンス」だと。

 

IMG01195.jpg私たちは、居心地のいい環境や当たり前の価値観からなかなか抜け出そうとしないものです。

ここで、好機到来! 新学期に訪れた強制的な変化は、自分を変えるチャンスです。

(ドーナッツがなければ・・・アザラシ? 耳をつけたら猫? ・・・ドーナッツがあるだけで、ライオンになっちゃいますもんねぇw)

 

緊張がマイナスに働くとき、それは「nervous nervous」=神経過敏になっておどおどしてしまっている状態。けれど、適度な緊張や武者震いは、集中力を増すための大切な要素でもあります。それが「exciting nervous」。

 

昼間部美大学科は今日から本格始動、夜間部もいよいよ明日から始まります。さあ、一緒に頑張っていきましょう!!!

 

 

★新・言の葉ゼミ52 「目的と手段」

 

①「a means to an end」

②「The end justifies the means.」

 

①「目的達成のための手段」

②意図・行動の到達点としての端=「an end/ends」も「目的」を表す。「a means/means(単複同形)」は「手段」。直訳すると「目的は手段を正当化する」。

 

③「制作する目的、制作する手段」

 

③前回、「絵を描くこと」を「目的」や「手段」にすることを示した。

たとえば、自己表現のために絵を描くなら、描くことが表現「手段」になり、描くために美大進学するなら、描くことは進学「目的」になる。

 

②解釈によっては「目標を達成するためにはあらゆる手段を講ずるべきだ=目的のためには手段を選ばない」となる。

たしかに、制作「目的」において、「手段」を選ばずに行なうようなこともあるだろう。ある色を出すために、ある質感を求めるために、動植物を犠牲にする・・・。制作が「目的」であれば起こりうること。

ただ、私たちには創造力だけでなく、想像力もある。「目的」あっての「手段」であるが、「目的」は理想と重なる点も忘れずにいたい。制作において「目的」を他に求められれば、「手段」再考は可能なはずだ。

 

止むに止まれぬ自己表現・・・そこに立ち返れば真の「目的」、それに相応しい「手段」が見つけられるのだと思う。(柳田晴子)

デビュー戦、白星☆スタート~♪

今日、ショナビ両校の基礎科、横浜青葉台校受験科のガイダンス、明日は鎌倉大船校の受験科ガイダンス。いよいよ新学期の始まりです。

721647524d98221c0b7fc733d647b991_l[1].jpgそして、今日は二十四節気の一つ「清明」=春先の清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」の略とか。桜が咲き誇り、いろいろなことが始まるのをワクワク・ドキドキする、初々しさのあるこの季節にぴったりですね♪

 

始まり・・・誰にでも最初の一歩があります。

 

昨年、日本プロ野球で24勝連勝を上げ、鳴り物入りでメジャー入りした通称マーくん改めマサこと田中将大投手も、MLBでは「ルーキー」。米メディア記者投票によるチームの「キャンプ新人王」に選出され、「もちろんこちらではルーキーですけど、変な感じ」とコメント・・・本人もルーキー扱いされることに違和感があるんですねw

それでも、今日、メジャー初登板を初勝利で飾り、「うれしいです」を繰り返し、ホッとした表情を浮かべたのだとか。

 

小1生から野球を始めた少年は、26歳になる今年、野球の頂点と言えるMLB、しかもNYヤンキースの先発投手になりました。

6歳から歩み始めた野球の道の第一歩、その歩みは20年かけてアメリカに到達したんですね。

 

先が見えなくても、行き先や方向性を見失わなければ、そして、たとえ一歩一歩が小さくても歩み続けていれば、確実に前進しているんですよね!!!

 (去年も使った写真ですが・・・かわいらしいのでもう一度)

 

 

★新・言の葉ゼミ51 「目的と手段」

 

①「絵を描く目的」

②「絵を描く手段」

 

本来、「目的」は、行動する目標として考えられた、そうしたいコト、また、そうなりたいモノであり、「手段」は「目的」=何かを実現させるため、の方法・方策であるならば、①絵を描くという行為(行動)自体が「目的」であってはならず、②その「手段」として相応しいモノを選んだり見つけたりすることも必要になってくる。

 

「目的」が行動目標として考えられたコトやモノならば、それらは頭の中にあるモノ=具現化していないモノ、理想的なコトでもOKとなる。どんなふうか、が漠然としていても、たとえば、魅力的な人になりたいという「目的」のために絵を描く、でOKとなる。内面を磨くため、経済力をつけるため、自分を表現するため・・・こういった1つ1つが「目的」であっていい。そして、「手段」はそのための道具である。つまり、道具を扱う技術を磨くこと=その「手段」を手に入れること。

 

掲げた理想=「目的」を持つこと、目に見える努力=「手段」を手に入れること、と言えるか・・・。

次回、もう一度「目的と手段」を確認したい。(柳田晴子)

ジュニアアート横浜青葉台校『大型モチーフ』完成!

今日は、昨日から二日間かけてかいていた課題の最終日!

昨日はこんなかんじでしたが・・・

20140402sigi.jpg今日の完成はこんなふうになりました!!!

20140403sigihara.jpg

高校生の皆さんに混ざって、がんばりました。

色使いもポップだし、モチーフもとても丁寧に観察できています。

ガラスの器も、難しいけれども、魅力的に描き込むことができています。

のびのびと、かつ繊細に描かれたすてきな絵です!

20140403kohyo.jpg講評も、高校生に混ざってしっかり受けました。

春期講習の最終日。

多いに刺激になったと思います。

春からは進級して、また一歩、夢に近づきますね!

まっさな気持ちで、またがんばってゆきましょう☆

ジュニアアート横浜青葉台校『大型モチーフ着彩』!

今日は、なんと、高校生に混ざって、

大型モチーフに挑戦!

春期講習は挑戦がたくさんです!

20140402zentai.jpg課題は今日と明日の二日課題。

中学生でも、負けず劣らず、大きな画面でがんばっています。

20140402sigi.jpg明日の仕上がりがとても楽しみですね!

乞うご期待!!!

★横浜青葉台校★春期講習会 満員御礼!

厳しい寒さが終わり、徐々に暖かくなってきましたね★

さて、横浜青葉台校でも春期講習会が行われています。

デザイン・工芸科では広い教室も、満員御礼!で、ギュウギュウです。

DSC02071.JPG

 

生徒の熱気で教室もやる気も熱い、熱い春期講習会です!!

向こう側の部屋では日本画の生徒たちも、2階では油画・基礎科の生徒たちも頑張っていますよ~

春のこの頑張りで、4月からもグイグイ上手くなっていきましょー!

見学・体験受け付けています!!

★青葉台校の特設ページはこちらです★

 

春期講習中学生コース「江の島写生」

昨日の中学生コース(大船校)は江の島へ!!

水彩画セットを持って江の島に絵を描きにいきました。

とても気持ちの良い晴天で写生日和でしたね。

ちょっと観光もしちゃいました。

enshima3.jpg江の島にある「ギャラリーGigi」にも行って絵の鑑賞も!!

_DSC2794.JPGちょうど水彩画も展示してありました。

さて、今日の一枚・・・

enoshima2.jpgenoshima1.jpg絵本の1ページのような水彩画ができました。水彩画は手軽にできるのでいろいろな場所で風景を絵にすると面白いですね!!

またいきましょう!!

ジュニアアート横浜青葉台校『石膏デッサン』!

今日は春期講習、後期2日目!

なんと石膏デッサンに挑戦です。

20140401sekkou1.jpg

ひとりは、3回目。

ひとりは、初めて!ということで、ドキドキ!

20140401sekkoumayu1.jpg一生懸命、形を追います......

講師もデモンストレーションに参加。

制作者目線での実用的なアドバイスを心がけました。

そして。

20140401sekkouzentai.jpg出来上がり!

20140401sekkousigi.jpg3回目だという新中3の彼女は、

カブトのてっぺんや、飾りのところ、鼻と唇の間など

細やかなところに空間がチラホラ生まれ始めています。

すばらしい!

まだ視線が細かすぎるので、これからは「大きく見る」のが課題。

20140401sekkoumayu.jpgまるっきり初めてという、新中2の彼女。

まったく物怖じせず、積極的に鉛筆を乗せていく姿勢が

前途、超・有望!!!

まずはクロッキーの習慣をつけること。それから、

鉛筆のいろんな濃さを使いこなせるようになること。

そういった身近なところから積み重ねてゆけば、

この元気さがあればグングン伸びるでしょう!

明日からは、春期講習の仕上げ課題。

大型モチーフの着彩です。楽しみですね〜!

ページトップへ