芸大・美大受験総合予備校 湘南美術学院 ショナビ|鎌倉大船校横浜校横浜青葉台校

Twitter

facebook

2014年5月

ジュニアアート『漫画史と4コマ漫画』!!

蒸し暑くなってきた今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今回のジュニアアートは漫画の歴史をさらっと勉強してから、

4コマ漫画をかきました!

2014525.4komako.jpgほとんどの学生が漫画を描くのは初体験!!

普段、楽しく読んでる漫画もいざ描いてみると・・・

しかし、キャラクタが決まると筆がどんどんすすみだしました!

2014525.4komasita.jpg

いよいよ本番です!Gペンとケント紙!プロの漫画家と同じ道具で描いてみます!

2014525.4komapen.jpg

なかなかの力作揃いとなりました!普段の勉強(?)が役に立ちましたね!!完成作品は冊子にしました!読んでみたい方は是非ショナビに遊びにきてくださいね!!

ジュニアアート横浜青葉台校『フリクションペンで熱絵を描こう』

今日のジュニアアートは、

『フリクションペンで熱絵を描こう!』

フリクションペンは、2007年にパイロット社から発売された、

摩擦熱によって消す事ができるボールペン。

摩擦熱だけでなく、65℃以上の熱で消えるという特性なんです。

しかも!コールドスプレーや冷凍庫などで、マイナス10℃~20℃にすると、

消したものがよみがえる!

そんな特性を活かして、熱い道具と冷たい道具で、

フリクションペンで描いたものを消したり戻したりしながら

自画像に挑戦してみました。

20140525dryer.jpg

ドライヤーや...

20140525flixion.jpg

ストーブ。

描いたものがみるみる消えます!

※燃えてしまうと危ないので、

やってみる時はあまり近づけすぎないように気をつけてくださいね※

また、熱いお湯でも。

20140525botanodeko1.jpg

おでこにお湯をあてると...

氷枕みたいだけど、じつはお湯枕なんです。

20140525botanodeko2.jpg

そこだけ、あらふしぎ。色が抜けます!

それだけでなく、コールドスプレーで、隠された絵が発掘されることも...

20140525botan1.jpg

シンプルな白い背景に、人物が心をこめて描写されています。

これに、魔法をかけると...

20140525botansplay.jpg

またまたふしぎ。

20140525botan2.jpg

たくさんの花が出てきました!

そんな不思議なフリクションペン。

描いて、また消せる、という独特の特徴を活かした、

素敵な作品が今日もたくさん完成しました!

20140525fuuga.jpg真面目な自分と、ふざけた自分の二面性。

20140525sigihara.jpgこちらは、二人の自分。

おや?自分の二つの表情を描いてはいても、

ひとりは一人を半分にし、もうひとりは一人を二倍にしました。

考え方の違いがあって、面白いですね。

さて、今日がんばって描いた作品。

65℃以上暖めると消えてしまいますので、

みなさん、くれぐれも保管にはお気をつけて!

来週は、漫画史を学び、四コマ漫画に挑戦します☆

お楽しみに~!

自分で作った紙立体をデッサンしよう!

先週制作した自分の紙立体を、今回は鉛筆デッサンで描きます!

パースをしっかり合わせて、明暗をつけていきます。

DSC01423.JPGDSC01427.JPG完成した作品がこちらです!

名称未設定 1.jpgmomoe.jpgharada.jpg鉛筆の色の幅もしっかり使えています!

なにより、目線の高さが出せていることと、床に落ちている影がしっかり描けていることがいいですね。自分で制作した立体なので、構造も理解した上で描けたのではないでしょうか。

来週も頑張りましょう~~~!

「皐月」の終わりに・・・

5月も残すところ1週間。衣替えも間近・・・通学時の風景、軽やかになりますね~♪

さて、「皐月(さつき)」はご存じの通り、陰暦5月の異名。でも、「皐」という字、他で見かけません。調べてみると・・・。

 

▽「皐(コウ)」は「皋」の別体。「皋(コウ)」は会意文字。「白」と「夲(進む意)」とで、もと、気が白く立つ「さわ(沢)」の意を表す。

 

▽「白」は象形文字。どんぐりの実のはかまのとれたカタチとも、親指の爪のカタチとも、月が白く光るさまともされる。どの説でも「しろい」意を表す。

 

はて。IMG04612.jpg

①沢に白く立つ水しぶき?

②「五月雨(さみだれ)=梅雨」・・・雨で白く煙ること?

③眩しく白く輝く陽光?

 

・・・いずれにしても、「白が進む」=白い季節の始まり、という意味なのかもしれませんね。

(持ち物・・・日傘に加え、サングラスが増えました!)

 

 

★新・言の葉ゼミ56 「意識・自覚(consciousness / awareness)」

 

前回、「助詞」の使い分けに「意識」が作用していることを確認した。

 

「意識」とは、認識の意味もあるが、自分の感情や言動行動、置かれている状況が分かっている心の状態。

「自覚」は認識に加え、自分の分をわきまえた言動行動をとる心構えをも指す。

 

①「臨時収入、あったでしょ?」

 「あ、バレた?」

 「だって、お花買ってきたじゃない?」

 「こんなときくらいはね♪」

 

②「臨時収入、あったでしょ?」

 「なんで分かったの!?」

 「ケーキ、人数分より多いから」

 「あー・・・つい、買っちゃった」

 

①臨時収入⇒お花を買う、という行動が「意識的」に行なわれていて、それを、本人も「自覚し」、周囲も認識している状態。②臨時収入⇒「無意識」「無自覚」に財布のひもを緩めるため、本人の「自覚」はないが、観察力のある周囲には認識されている状態。

次回は「無意識」について考察する。(柳田晴子)

1dayアート 染色をやってみよう!横浜青葉台校

今月の1dayアートは染めに挑戦!です!!

↓☆横浜青葉台校の様子をお伝えします☆↓

DSC02800.JPG

DSC02804.JPG

DSC02803.JPG

DSC02806.JPG

染め終わったものを干して並べて記念撮影☆

IMG_4287.jpgIMG_4576.jpg

たくさん綺麗に染まりましたね!

狙い通りに染まったり、

広げてみたら、思いもしなかった模様に感動したり・・・

どれも世界でひとつと同じものの無いものです。

次回の染色1dayアートは5月25日です。

自分の染めてみたい綿の白い布等がありましたら持ってきてくださいね~!

汚れても良い服装で!お待ちしております☆

中3紙立体

本日の中3生コースはケント紙を使って「紙立体」を作りました!

今回の課題は「幾何形体を作る」「構成する」という二つの主題のもと、ものの構造を考え、理解することを目指しました。

そして今回作った立体を次週デッサンします。ものの構造を理解してデッサンすると、どう変わるのか、楽しみですね。

では今回の作品を簡単に紹介していきます。

DSC01111.JPGバランスを取りながら構成していきます・・・

DSC01113.JPG完成!建築物など立体を自立させることは難しいですがとても重要なことです。かっこいいバランスと構造と二つを考えなければいけません。

他の作品もどんどん観ていきましょう!

DSC01115.JPGDSC01120.JPGDSC01125.JPGDSC01119.JPGDSC01118.jpg良い立体作品ばかりですね。安定感のある構成は気持ちよく観ることができたり、アンバランスな構成にもドキッとするよさがあったり、構成とは奥が深いですね。

デッサンするのは難しそうなものもありますが、また来週もがんばりましょう!!

ジュニアアート 「ガムテープで立体を創ろう!」

こんにちは!

本日のカリキュラムは「ガムテープで立体を創ろう!」です。

新聞紙の上にガムテープを貼りつけ、ときには針金などを駆使して立体作品を作っていきました!

ふだん何気なく使っているガムテープも、視点を変えれば立派なアートの素材になるんですね〜。

作るものが決まったら、皆夢中になって作るつくる!

DSC00360.JPG

制作する皆を見ていると、それぞれがガムテープを色んな使い方をしていてとても面白かったです。

彼女はガムテープ同士を貼り合わせ、やわらかな表情を表現していますね!

DSC00369.JPG

こちらはガムテープそのものの色を生かし、オシャレなボトルになっています!

中央には作者の名前が記されていますね。

DSC00362.JPG

真っ白なガムテープだったので、色を塗って鮮やかに仕上げた作品もありました!

DSC00371.JPG

完成した作品たちを一部ご紹介します♪

DSC00387.JPG

DSC00382.JPG

DSC00380.JPG

皆、今回でガムテープへの意識がちょっと変わったんじゃないかな?!

集中力の感じる作品ばかりでした!

次回のジュニアアートは「漫画史と四コマ漫画」です。

これまた皆の身近な存在の漫画についてです!
お楽しみに〜!

ジュニアアート横浜青葉台校 『ショップを想定して包装紙をデザインする』

こんにちは!

 

今回は 『ショップを想定して包装紙をデザインする』です!

プレゼントを包む時などに使われる包装紙をデザインしました。

どんなお店で使われているのかを想像ながら作業スタート!

20140518seisaku1.gif

一つの絵をコピーしてリピートさせて柄を作ります。

20140518seisaku7.gif

隣につなげた時にずれないかチェックしつつ

20140518seisaku10.gif

下書きが終わったら、色を塗っていきます

20150518seisaku12.gif

 

不思議な時計屋の包装紙

20140518seisaku13.gif

授業内に終わらなくて残念!

時計と歯車の不思議な世界観。何か物語を想像させます!

ぜひ完成が見たい!!

 

色を塗り終わったら、コピーして張り合わせて行きます...

 

東京のデパートの包装紙

20140518seisaku17.gif

色鉛筆と建物の雰囲気がマッチしてます!

地面の色と建物も色を合わせています

 

ハチミツ屋の包装紙

20140518seisaku15.gif

六角形で挑戦しました

少ない色幅の中で、たくさんの色を使っています!オレンジが効いています!

 

川魚屋の包装紙

20140518seisaku14.gif

複雑ですねえ

良く見ると川魚の中にサンゴが!

でも色味に統一感があるので浮いて見えません、色彩感覚が良い!

 

リピートする事を考えながらの制作は難しかったようでしたが、

集中して作業していました!

描き終わった絵をコピーして並べると一同に「すごい!!」とびっくりしていました!

作品が製品に近づく喜びはひとしおですね!

次回は『フリクションペンで熱絵を描こう!』です、お楽しみに!

 

 

学科ブログ 今回は脱線して・・・

今回の学科ブログは、「新・言の葉ゼミ」の助詞の説明が一区切りついたこともあり、まったく横道にそれて、横浜青葉台校学科主任の独り言・・・。

 

ブラジルW杯まで、いよいよ一か月を過ぎ、先日ついに日本代表メンバーの発表がありましたね!

japan2-500x333.jpg

われらが神奈川県のJリーグチームである、横浜・F・マリノスからは斎藤 学選手、川崎フロンターレからは大久保 嘉人選手が選ばれました。

マリノスの齋藤選手は、「ハマのメッシ」と呼ばれている将来を期待される若手のホープ。持ち味は、キレッキレのドリブル突破! 僕はマリノスのサポーターなので、選ばれてすごく嬉しい、期待の選手です。みんなもぜひ応援を!

 

フロンターレの大久保選手は、代表にずっと選ばれていなかったので、サプライズ選出! でも、去年のJリーグ得点王で、今年も好調を維持しているストライカーなので期待していた人も多いはず。選ばれて当然の結果ですね! 

大久保選手は、フロンターレに去年移籍してきてからゴールを量産するようになったんですが、インタビューでこんなことを話していました。

「今は、サッカーをしていてすごく楽しい。新しいチームで新しいことを知って前より上手くなっているし、もっと上手くなりたい。サッカーを楽しめるようになって自然とプレーも良くなって結果もついてくるようになった。」

 

やっぱり好きなことだから楽しめる、うちこめる、だから上手くなる、もっと楽しくなる、そして結果がついてくる。

5月に入り、合同授業が本格的にはじまったり、違う科の講師による授業があったりと、科を超えて本当の美術の力をつけるための授業を行っていることが、ショナビの魅力!

受験のために上手くなるんじゃなくて、「好きなことだから他の誰よりも上手くなりたい」。この気持ちが大事ですよね。あらゆることに興味を持ち、貪欲に学んで、楽しみながら成長してくれることを願っています。

 

前回のワールドカップのときは、授業を終えたあとにみんなでビールを飲みながら、ショナビで応援したような、してないような・・・あっというまにもう4年。

W杯での日本代表の快進撃を夢見つつ、今回はこんなことをつらつらと・・・。

 

(嘉部隼人)

ジュニアアート横浜青葉台校 『レターセットを作っちゃおう』

こんにちは!

本日は母の日ということで、オリジナルのレターセットを作り、お母さんへ感謝の手紙を書こうという課題です!

普段なかなかありがとうを伝えるチャンスもないですが、今日の制作中はみんな思い思いにお母さんの好きなものや喜ぶことを考えていました。

一枚目.gif


まずは思いつくものをどんどんエスキースしていきました。二枚目.gif

どんなレターセットにするか決まったところで本番の画用紙に着彩。

最後には印刷し、いよいよ形にしていきます。どうなるのかとても楽しみです!

三枚目.gif

パンダが好きなお母さん。相方のレッサーパンダの自慢のしっぽが封筒から飛び出るオリジナリティを発揮!

四枚目.gif

南国が好きなお母さん。太陽をイメージした便箋と太陽のようなデコポンの封筒。実際の商品に貼ってある様なシールやネットを活かしたデザインに持ち込んだところはとてもおしゃれです!

 

五枚目.gif

猫好きなお母さん。そして母の日のカーネーションをイメージしたお花たち。オリジナルの封筒にこの便箋が入ると本物の花束のようになる仕組みです。素敵な発想!

 

六枚目.gif

自分の好きな靴をそのままレターセットに。靴の封筒には靴下の便箋が見事に入るんです!色合いもかわいらしいです。

 

日頃誰かのためになにかを制作することは少ないですが、今回は相手がいてはじめて必要とされる『手紙』の制作でした。

相手がいることで生まれた思いがけない作品ができたようです。作品に向かう制作中の気持ちも少しいつもとは違ったのではないでしょうか。

 

次回青葉台校は『包装紙を作ろう』です!お楽しみに!

ジュニアアート 『包装紙をデザインしよう!』

近頃、夏めいた陽気に
日差しがまぶしい中

母の日の今日
ジュニアの課題は、、、、、、、、
包装紙をデザインしよう!!



いつの時代も大切なものを包み
贈る人にはドキドキを、
貰う人にはワクワクを届けてきた包装紙。

どこの店で選んだか一目見れば誰もが解るような
そんな逸品を目指します。

((本日は写真が不足しているので文字多めでお送りします))



まず始めに、そもそも自分の作る包装紙が
どのようの店で
どのような商品を包むのか
考えていきます。
身近にある花屋、ケーキ屋、デパート、本屋、、、
皆いろいろな案が浮かぶようです。

絵を描きながら考える人や、模様をもとに考える人様々です。
また、皆組み合わせることで大きくも小さくも出来る連続した柄を作ります。


昼前から実際の画面に入り、制作を始め・・・・・完成へ。



DSC00139.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像
本日は午前中青葉台校での指導をしていた徳さんが講評です。
皆の作品の完成度ビックリ、、!!


そして今回制作された作品がこちらです。

一部紹介!


DSC00145.JPGのサムネイル画像



DSC00146.JPG

DSC00147.JPG

この小さい迷路の模様が、、、、

DSC00148.JPG

なんとこんな大きな迷路に!!!

さて今日はここまで、、、

皆は今日作った包装紙で何を包むのでしょうか、、、?

そして次回はガムテープで立体を作ろう!

です。
お楽しみに!

「身軽」ということ

陽射しが眩しく、風が心地よい季節になりましたね。フリースは片付け、日傘やサンダルを出しました。

 

外出が楽しい季節ですが、山歩きするにも、街中を歩くにしても、なんとなく、荷物が重くなってしまいます。重いモノを持っていると、道草せず、ただ目的地に急いでしまいます。視野が狭くなり、余裕もなく、周囲に気が回らなくなります。昼の月に気づかなかったり、一番星を見逃したり・・・。

 

IMG04208.jpg先日、スーパーマーケットであれこれ買い込んだ帰り、ふと店先のガラスに映った無表情な自分の姿に、なんだか深く反省しました。帰宅し、荷物を置いて、もう一度、外に出てみました。すると、目に映るモノが多くなるんですね。下に落ちていた視線も、自然と上に向きます。

 

今回の山歩き、荷物をできるだけ少なくし、身軽にしました。かなりキツい坂を登り下りし、両手も使いましたが、緑の多さに感激し、鳥のさえずりや水の流れに癒され、山の中で楽しく過ごせました。

 

IMG04535.jpgストレスが溜まると、心もずっしり重くなる。同様に、重い荷物は身体への負担が大きいだけでなく、精神への影響も大きいのでしょう。

んー。心の重荷を取り除くは難しいかもしれませんが、身軽になって、外をブラブラ歩いてみると、案外、心も軽くなるかもしれませんね。

(青葉台の街角。上下の時差 2週間。銀杏の葉の茂り方にご注目あれ)

 

 

★新・言の葉ゼミ55 「助詞」

 

①「カレーライスが好きだ」

②「カレーライスは好きだ」

 

①「カレーライス」が1つ際立った存在となっているが、②頭の中には別の何かがイメージされている印象を与える。何か嫌いなモノがイメージされているのだろう。

 

③「カレーライスがいい」

④「カレーライスはいい」

⑤「カレーライスもいい」

⑥「カレーライスでいい」

 

③やはり、他の何ものでもなく、カレーライス一押し、となる。④「カレーライスは、もういい(飽きた)」という意味でないなら、これからカレーライス談義になりそうな印象。⑤別な何かと比較しながらも「カレーライスは捨てがたい」の意。⑥不満はあるが我慢する、といったメッセージ性が込められる。

 

ひらがな一文字変えるだけで、相手に与える印象もずいぶん変わる。やはり、「助詞」は最も日本語らしい品詞といえるだろう。

意識的、ときに無意識に使っている「助詞」。だからこそ、本音が見え隠れする。自分や他者の「助詞」の使い方を観察するのも面白い。

(柳田晴子)

ページトップへ