芸大・美大受験総合予備校 湘南美術学院 ショナビ|鎌倉大船校横浜校横浜青葉台校

Twitter

facebook

2014年12月

来週は 2015年!?

TVの週間天気予報画面に「(1月)1日」が入って、改めて、来週は新年なんだって気づかされました。

 

お掃除どころか、年賀状もまだですが、それでも、皆さんの入試対策教材を作りながら頭の整理は進みました!!! もう、バッチリです!!!

 

美大学科の入試直前講座、横浜青葉台校は1/4(日)~、鎌倉大船校は1/5(月)~ですよ!!! センター対策、私大対策、必ずためになる教材、作っていますよ!!! 受講生の皆さんもスッキリした頭で臨んでくださいね!!! 

皆様、よいお年を。

 

 

★新・言の葉ゼミ82 「接続詞2」

 

2012012907480000.jpgQ. 文中で重要なのは、A? B? どちら?

 

① A〈しかし〉B

② A〈だから〉B

③ A〈なぜなら〉B

④ A〈つまり〉B

⑤ A〈たとえば〉B

 

「接続詞」は未知の道を歩いているときの道先案内人、車のカーナビみたいなモノ。

現代文は、フィーリングでも正解が分かる場合もあるし、「接続語」を意識しなくても正解に辿りつく場合もあるけれど、出題者は「接続詞」を意識して作問するのだから、使いこなした方が確実に正解を導ける。

 (TV内のキビタキを捕まえた気になっている猫さん)

 

入試現代文に役立つ分類は以下の通り。

 

NO.1〈しかし〉グループ

 直後に「筆者の主張」が表われる(直前の多くは一般論)。

  公式① 一般論〈しかし〉筆者の主張

 

NO.2〈だから〉〈なぜなら〉グループ

 前後が因果関係になる。

  公式② 原因/理由/根拠〈だから〉結果/結論/主張

  =公式③ 結果/結論/主張〈なぜなら〉原因/理由/根拠

      ※原因/理由/根拠:客観的な事実

 

NO.3〈つまり〉〈たとえば〉グループ

 抽象的内容・具体例から筆者の意見をつかむ。

  公式④ 長めの説明/具体例〈つまり〉言い換え/要約(抽象化)

  公式⑤ 抽象的な内容〈たとえば〉具体例

  公式④例)猫科の動物は食物連鎖の頂点に位置する。つまり、捕食動物だ。

  公式⑤例)猫科の動物、たとえば、ライオンやチーターは食物連鎖の頂点に立つ。

      

A. よって、①B、②B、③A、④B(A)、⑤A、となる。

※〈つまり〉の前後はほぼ同内容⇒繰り返される以上、重要な内容のはず。

(柳田晴子)

継続はチカラなり

週末に更新してきた美大学科のブログも残すところ2回、来週が書き納め。

 

2013年2月から始めたこのブログ、横浜青葉台校主任の嘉部先生と二人三脚、長期休み以外は欠かさず続けてきました(文章も似てきた気がします。笑)

「新・言の葉ゼミ」も来週書けば82回。「敬語」や「副詞」など、足踏みしたモノもありますが、言葉の不思議さ・面白さが伝わればいいなぁ、と続けてきました。

始めた頃よりも、文章もスッキリしてきたように思いますが、いかがでしょ? 個人的には継続の成果だと思っているのですが・・・。

 neko[1].jpg

さて、1月と2月最初は学科のアドバイスを載せ、ゼミはしばらくお休み。今日と次回も、受験にも役立つ「接続詞」の話をします。

「接続詞」は、文章読解には不可欠ですが、案外、感情に左右され、日常のいろいろな場面でチラチラ登場しているんです。観察すると面白いですよ。

 

皆様、楽しい週末、楽しいクリスマスを♪

 

 

 

★新・言の葉ゼミ81 「接続詞1(conjunction)」

 

①A「今日のカレー、辛いね」

 B「なら、食べなくていいよ」

 

①BにはAが辛いと感じたという情報しか届かないからムッとするかもしれない。②③のように続けると、Aの食べたいという気持ちがBに伝わる。

 

②A「辛いけど、美味しいよ」

③A「辛いから、甘い福神漬け、もっとちょうだい」

 

②逆接、③順接。「逆接」は予想と異なるときや対比関係を示し、「順接」は予想通りのときや因果関係を示す。

 

②「逆接」→「しかし」の場合、その直後に主張が現れ、「一方」の場合、その前後には軽重がない場合が多い。

③「順接」→「だから」の場合、前が原因、後ろが結果となるが、「それから」の場合、単純な順序を示すだけである。

 

「接続詞」とは、活用のない自立語で、他の文節と係り受けのない独立語。単語と単語/文節と文節/文と文/段落と段落の間に置かれ、両者の関係を示す単語である。

本来であれば、「だからぁ、何回同じこと言わせるの!?」のように、いきなり「接続詞」から話し始めるのは、おかしい。

 

④「Aさんは絵が上手いけど、プレゼン下手だよね」

⑤「Aさんはプレゼン下手だけど、絵が上手いよね」

 

絵が上手くプレゼンテーションが下手なAさんに対して、④マイナスを、⑤プラスを強調する表現。

相手や自分の言語活動を観察すると、「接続詞」の使い方にちょっとした感情が見え隠れしていることに気づく。

次回も「接続詞」。お楽しみに。(柳田晴子)

年賀状

2015.pngCMの「ちゃんと、年賀状。ちゃんと、大人。」というコピー、好きです。

自作の版画、びっしり文字だらけ、手書きのイラスト・・・思い出深い年賀状ってありますよね。(来年は未年・・・羊男、今でも使われるのかしら?)

 

「年賀」は、新年のお祝いや、挨拶の際に相手に差し上げるモノを指していますが、もともとは、還暦(=60歳)、古稀(こき=70歳)など長寿の祝いだったとか。

 

お正月1日~15日に、師匠、父母などに年始の挨拶をする習わし(もっとも、今でも続いています)だったのが、次第に郵便で簡単に済ませるようになり、現在の年賀状のカタチになったんですね。

 

形式はともかく、挨拶状なので、①新年の挨拶、②相手方への問いかけ、③自分の近況報告、があった方がいいようです。

・・・たしかに、普段会えない人が多くなっているので、近況報告があると嬉しいもんです、はい♪

 

メールも悪くないですけど、年賀状、嬉しいもんです、はい♪

 

 

★新・言の葉ゼミ80 「敬語6 演習」

 

「敬語」の最終回。ちょっとした練習問題で、総復習。

 

問)次の各文①~⑤を適切な表現に改めよ。

   ※注)現行では必ずしも誤りとは言えないモノもある。

①佐藤先生が来ました。

②皆様の意見をお聞きになってから決定いたします。

③猫に餌をあげてね。

 

ヒント)

①主語が「先生」だから「尊敬語」を使う。

②2か所改めたい。省略されているが、主語は自分→「謙譲語」。

 「お~なる」は「尊敬語」だからNG。

 一方、「意見」は「尊敬語」にしたい。

③「あげる」は「謙譲語」。

 

解説)

①「来る(行く/いるなど)」の「尊敬語」は「いらっしゃる」。

②「相手のモノ」+「御(お・ご)」=「尊敬語」。

  ※「お茶」「お手伝い」は「美化語」=「丁寧語」の仲間。

 「する」→「お~なる」は「尊敬語」、「お~する」で「謙譲語」。

③「あげる」は「やる」の「謙譲語」。「尊敬語」は「くださる」。

 

解答例)

①佐藤先生がいらっしゃいました/見えました/お越しになりました。

②皆様のご意見をお聞きしてから/伺ってから決定いたします。

③猫に餌をやってね。

 

③「やる」について。響きがよくないのか「あげる」が一般化している。「敬語」は円滑なコミュニケーションのための道具。正しい、相応しいということだけでなく、相手がどのように受けとめるか、その場に相応しいかどうか・・・それが重要。

次回から、また、言葉の探究に戻る。(柳田晴子)

横浜青葉台校ジュニアアート『初!石膏デッサン』

こんにちは〜!最近は一段と寒さが厳しくなりました。すっかり冬ですね。     

 

 

『アクセサリーを作っちゃおう』の予定でしたが石膏デッサンになりました!

 

 

青葉の生徒達はなんと石膏デッサン初挑戦!!!

 

 

折角なので、みんなで描きたい石膏像を選びました。

 

 

みんなが選んだ石膏像は・・・・・パジャント!!!

  

 

DSC06077paja.jpg

 

 

芸大の試験でも出題される石膏像ですよ〜

 

 

 

 

クロッキーで画面の中にどのようにモチーフや光の方向はどこからかなどを確認!完成を想像しながら進めましょう

 

 

また色んな方向からパジャントを観察。メモしておきましょう

 

 

20141207esks.jpg

 

 

 

本番にはいります。

 

 

 20141207fugbotan_dedashi.jpg

 

 

 

輪郭から描く子、顔から描く子様々です      

 

 

 

20141207nana_dedashi.jpg

 

 

 

始めからガツガツしていて良い!すばらし〜!

 

 

遠くに離してみてみたり、他の人と比べてみて、形が狂っている所はなおします。

 

 

 

20141207nana_naoshi.jpg

 

 

 

石膏像は人の形をしているので。目や口、髪の毛、服のしわなどがとても主張してくるので部分描きになってしまいがちですが、全体的にまんべんなく、バランス良く描いていきましょう。

 

 

 

20141207fuga.jpg

 

 

 

20141207botan.jpg

 

 

 

20141207nana.jpg

 

 

 

楽しかった!むずかしかった!など、人それぞれ感想は違いましたが、初めての石膏像に臆せず描く姿勢は成長をかんじました。

 

 

「バランスよく」「どんどん形を直す」「客観性」など、なかなか難しいことにも挑戦でき充実した課題だったのでは、とおもいます☆

  

 

 

今日提出だった100枚クロッキー・・・提出者ゼロ・・・・悲しい。

  

 

冬休みの宿題も兼ね、一月初日授業まで期限を延ばしました。めんどくさいのもわかるけど。必ず身になるのでしっかりやりましょう!

 

 

来年はもっと覇気のある一年にしたいですね。

 

 

今年のジュニアアートは今日で最後!来年は1月11日からで〜す!

 

 

 

 

そういえば中3コースでは第4回高校受験模試が行われていたようです。

 

 

試験の時期も迫ってきているからか、良い雰囲気で模試を受けていました。

  

年末に向けてより一層寒くなってきます。みなさん風邪やインフルエンザに気をつけてくださいね☆

 

2学期終了:合同コンクール

今日は大船講師オールスター、青葉台講師3名の総勢10人での年に一度の貴重な合同コンクール講評会でした。

受験本番に向けた今年最後の腕試し。実力が発揮できた人も、イマイチだったひとも、今日でた結果全てが

受験の合否に直結するわけではない! それぞれ今の自分の立ち位置を自覚することによってここから道を

見出してブラッシュアップしていけばみんなにチャンスはやってくる! 結果を胸に受けてそれぞれ

冬期・入直、切磋琢磨し乗り切ろう!そんな講評会でした。(鎌倉大船校 油画科主任|和田)

IMG_8062.jpg

結果は皆さん様々だと思いますがコンクールはコンクール、本番への腕試し。

良いテンションで本番を迎えられますように。

クリスマス(Christ mass)

今回の学科ブログは、「★新・言の葉ゼミ」をお休みして、英語科の嘉部が担当します。

 

気が付けばもう12月! 駅前や通りなど、イルミネーションされているところが増え始め、段々とクリスマスの雰囲気が広がってきています。

ただ、受験生にとっては、余計な雑念かもしれませんね。

たしか自分も、浪人のときは、予備校の帰り道とか、クリスマスムードで盛り上がっている人達をみて、「うかれやがって。別にキリスト教を信仰しているわけでもないのに。」と、イラッとした記憶しかないような気が・・・。あのときは余裕がなかったんだろうな~。

 

ツリー画像.jpg

(横浜赤レンガ倉庫のクリスマスツリー)

 

 

 

まあ、そんなこんなで、今回は「クリスマス」について、英語の勉強とからめて!

 

「クリスマス」の語源は、「Christ(キリスト)mass(ミサ)」っていうのは、たぶん多くの人が知っていると思います。ミサっていうのは、カトリック教会の祭典のことで、12/25がキリストの誕生日なので、それを祝う祭りということですね。

 

ちなみに、日本ではクリスマス当日よりも、前日のクリスマスイブの方に、盛り上がりのピークがきている感じがありますが、この「イブ」は、みんなが中学で習った簡単な英単語「evening」の略なのは知ってましたか? 英語で「こんばんは」は「Good evening.」ですよね。eveningは「夕方・晩」など、日が暮れてから寝るまでの時間帯を意味します。

 

で、ユダヤ暦では、「日付の変わり目=日没」のようで、つまり、12/24の日が暮れた後は、日付が変わってもう12/25になるのです。なんか、日本人の感覚だと、「前日のことをイブと呼ぶ」みたいに捉えているけどそれは間違いで、もともとはクリスマスイブも12/25の一部‼ 「クリスマスの始まりである日没後の時間帯」なんですね。

 

日本では、クリスマスは祝祭日じゃなくて、12/23が天皇誕生日で休みだから、23日をクリスマスイブのさらに前日で、「イブイブ」なんて呼んでしまっているけれど、語源を知っていれば恥ずかしくてそんな呼び方できませんね。

 

でも、今回の例のように、間違った意味で使っている言葉が定着し、そこから新たな言葉が生まれ定着していく、こういうのも「言葉は生き物」と言うように、言語の面白いところでもありますけどね。

 

良いクリスマスを!    (嘉部隼人)

 

ページトップへ