芸大・美大受験総合予備校 湘南美術学院 ショナビ|鎌倉大船校横浜校横浜青葉台校

Twitter

facebook

2015年1月

私大受験がはじまります!

2/1からいよいよ私大の入試が始まります! デザイン工芸科の生徒だと、いくつかの専攻を受験する生徒は、1週間ぶっ続けで試験・・・なんて人もいるのでは。

横浜青葉台校では今日、鎌倉大船校では明日で、学科の授業は全て終了となり、毎年学科講師は祈るだけの時期となってしまいます。

DSC06945.JPG

多摩美大、武蔵野美大は、A日程・B日程と学科試験は2度のチャンスがあります! しかも良かった方の点数を採用してくれます。センター試験で緊張し、上手くいかなかった人は、「どっちかで良い点がとれればいいや」と、少し肩の力を抜いて挑んでみてください。

学科授業を受けていた人は、授業で何度も言われていたポイントを、箇条書きで、ノートなどにまとめ、自分オリジナルの学科チェックリストを作成し、試験前に確認できるようにすることをおススメします!

絶対に「テンパらない」「場にのまれない」。難しいと感じたときは、試験を受けているほとんどの人が同じように感じています。その中で、いかに普段通り、解ける問題を正確に取りくめるか。いつもどおりやれれば大丈夫! 今まで頑張ってきたことの披露の場! 楽しんでのびのびやってきてください!

B日程に向けて、学科講師ができる最後の対策になるので、A日程がおわった段階で、模範解答&ワンポイントアドバイスのプリントを作成する予定です。学科の掲示板などを確認するようにしてください。 

美大学科 嘉部 隼人

私大対策② 武蔵野美大

IMG06624.jpg冬期講習会や入試直前講座でもお伝えしてきましたが、とにかく、武蔵野美大国語入試で高得点を獲得する鍵は「時間配分」、対策の要は四字熟語を含めた「漢字学習」です。

たしかに、知識問題には難読語や古めかしい語句も出題されますが、漢字は標準的なモノばかりで配点も25点(四字熟語を含めれば30点程度)と高い割合です。また、空所補充や内容一致、抜き出し問題など、本文中にヒントや解答のあるモノが40点程度あるため、60分の試験時間をどれだけ読解問題に費やせるか、ココが鍵なのです。

漢字を2~3分で先に解き(理由①配点が高い、理由②60分あれば途中で思い出せるかもしれない)、抜き出しに40分程度かけ、選択式の知識問題は1問20秒程度=全部で3分以内に解いてしまう。空所補充問題や内容一致問題は抜き出しを解きながら、分かり次第答えていきましょう。

 

とにかく、前日まで過去問を解いて時間配分の練習・確認をしておくことと、漢字学習を諦めずに続けることです。70~80点獲得が目標。苦手な人でも65点以上、得意な人なら85点以上、得点してきてほしいです!

 

さて、論より証拠、昨年度の漢字はこのレベルです。

問 「(カ)相違」・「(キ)稚拙」・「(ク)感嘆」・「(ケ)紅梅」・「(ソ)彩り」の読みをひらがなでしるせ。

問 「(イ)(咲き)ほこって(いる)」・「(エ)けいしゃ(する)」・「(コ)はずます」・「(ス)さそう」・「(セ)(それを)さんしょう(しておこう)」を漢字でしるせ。

問 「(J)大胆」・「(M)虚心」を使って四字の熟語をつくるとき最も適当と思われるものを、次の中からそれぞれ一つ選べ。

  ①反骨 ②不敵 ③自失 ④非道 ⑤坦懐 ⑥無法 ⑦滅却 ⑧暗鬼

 

接続詞も出題されています。

問 [ K ]・[ L ]に当てはまる語として最も適当と思われるものを、次の中からそれぞれ一つ選べ。

   ①しかし  ②まして  ③むしろ  ④よって

   ⑤かくして ⑥すなわち ⑦そのうえ ⑧もしくは

 鉄幹と結ばれ、幸福を経験した粟田山で詠まれたうたである。朝もやを通して紅梅の紅色が霞んで見えている景色は、確かに美しいだろう。[ K ]、このうたのうたっている断固たる美しさは、そのような風景のものでははい。「我うつくしき」に注目しよう。「小百合花」の場合とは異なり、ここでは「我」のすがたを見ているわけではない。全身をはずますような幸福感が、目の前の風景を肯定し、みずからの存在を肯定しているのである。しかも歌人は、幸福だとうたっているわけではない。美しいと言っているのである。[ L ]、みずからの心理ではなく、自己を包む世界のあり方を感じているのである。美しいとは、存在の充実をみとめ積極的に肯定する感覚である。この美の概念、その感じ方は、常識的なものではない。

▼「確かに美しいだろう。[ K ]~美しさは、~ではない」とあるので逆接。

▼「~わけではない。~である。[ L ]~ではなく、~である」とあるので言い換え。

 

抜き出しも、本文の傍線部前後と設問とがヒントになっています。

問 「(ア)日本人の感じ方」を説明している語句を、文中よりそのまま抜き出してしるせ(十六字)。

 わたし自身が、西洋人との感じ方の違いを痛感し、民族によって感じ方には微妙な違いがあることを直観し、(ア)日本人の感じ方を解明したい、と考えるようになった端緒は、花の好みの違いであった。

  ~略~

 バラやチューリップは、一輪であっても、それとして観賞する対象になる。美貌の女優やモデルに(ささ)げられるありふれた形容として、「大輪のバラのような」という言い方がある。これに対して、「あなたは桜の花のようだ」と言われたなら、女性はさぞかし戸惑うことであろう。美しいと言われているのかどうかさえ、定かではない。もちろん、桜の花は美しい。しかし、女性の美貌を形容するものではない。なぜなのか。桜の花は見つめるべき対象となるには小さく、その美しさは群生の美だからである。花のトンネルは、この特質を見事に表現している。大輪のバラは見つめる対象だが、群生する桜はわれわれを包み込む。

  ~略~

 (最終段落)~略~それでもなお、このうたは、バラ型とは異なる桜型の、すなわち一個の対象ではなく空間的な広がりに美をみとめる感性の、古い存在を説明してくれるものである。

▼傍線部の前後から「わたし自身(=日本人)」「西洋人」との対比、それが「花の好みの違い」を端緒にとあり、「バラやチューリップ(西洋人)」と「桜(日本人)」を代表例にしてあり、最後の段落で「バラ型」「桜型」、この「桜型」が「(ア)日本人の感じ方」と分かれば字数も末尾の「感性」もピッタリ!!! 合う。

▼その他の設問も、抜き出す部分のヒントになってくれている。傍線部前後から抜き出す部分の前後に現れるキーワードを得て、各設問の違いに十分注意して取り組んでほしい。

 

ちなみに解答。

問 K① L⑥

問 (カ)そうい (キ)ちせつ (ク)かんたん (ケ)こうばい (ソ)いろど(り)

問 (イ)誇 (エ)傾斜 (コ)弾 (ス)誘 (セ)参照

問 空間的な広がりに美をみとめる感性

大船校中3生コース 受験対策

こんにちは。

高校入試まで残り3週間、追い込みの時期になってまいりました。

今回中3生コースでは、大きい紙に描けたら入試は恐いものなし!!ということで、入試のときよりも大きな紙に挑戦しました。大きい紙ということで普段以上に鉛筆をたくさん動かしていきました!

良いデッサンがたくさん出来上がったので少し紹介していきたいと思います。

150125 (9).JPG150125 (11).JPG150125 (7).JPG約2時間~3時間のデッサンです。

残り3週間でもデッサンは変わります。まだまだこれからですよ!

ジュニアアート 静物デッサン

こんにちは!

本日は静物の木炭デッサンをしました。

3卓のうちからみんなそれぞれに好きな静物を選びました!

DSC09529.JPGDSC09533.JPGDSC09535.JPG

布やらビンやら枝やら...!盛りだくさんの静物ですが、今回は!

好きなところでトリミングしていいし、モチーフの配置を変えても良いし、増やしても減らしても浮かせてもいいよ、楽しくやってみよう!とスタートしました。

みんな思い思いの視点で静物を観察し、どんな作品にしていうか考えていきました。

DSC09539.JPG

それぞれにオリジナルの視点を持った制作ができました!できた作品たちも個性溢れるものとなりました。どれも力作です!以下数点をピックアップします。

DSC09555.JPG

布を筆頭に素晴らしい。

DSC09556.JPG

背景を描くことでポップで不思議な作品に。

DSC09558.JPG

独特の雰囲気のある表現でとても大人っぽい!

DSC09560.JPG

光の捉え方など見事。

DSC09561.JPG

モノどうしの影の描写によって浮遊感を匠に表現。

DSC09562.JPG

アウトラインの幅といい構図といい気持ちのいい構成!

みんなとてもいい絵を仕上げてくれました!

次回は鉛筆での細密デッサンです。お楽しみに!

横浜青葉台ジュニアアート『貝の細密画を描こう!』

今日のジュニアアートの課題は細密画。

レクチャーでは、ボタニカルアートの資料を見せたりしながら、

自然物を細密に描く喜びの世界へ・・・

coquillage1.jpgcoquillage2.JPG20150125seisaku1.jpg20150125seisaku2.jpg20150125seisaku3.jpg20150125seisaku.jpg熱心に、描く、描く、描く!

途中でいろいろなことに迷ったりしながらも、

その都度深呼吸して、

目の前にあるモチーフと静かな対話を繰り返しました。

そして、出来上がった作品がこちら。

20150125nanaria.jpg20150125fuga.jpg20150125botan.jpgそろそろ、ジュニアアートに来始めて1年以上になるみんな。

「楽しい」だけの絵から、少しずつ、

腰を落ち着けて追求する奥深い絵の世界へと

ステップアップしているようです。

いまが、ちょうど伸び時!

またまた、2週間でクロッキー50枚の宿題を持ち帰って、

進級に向けて追い風!ぐいっと成長していきましょう。

私大対策① 多摩美大

90分で現代文大問2題、小論文1題の多摩美大国語入試。目安は、小論文45分~50分、現代文大問1題につき15~20分。

20120316_5ad114.jpg小論文の配点は100点中30~40点、平均6割と考え、小論文の平均と漢字小問10題で満点取れたら、読解問題の正解率が半分程度でも70点近く獲得できます。

今からでも漢字学習(大学入試センター試験と同じマーク型)を行ないましょう。読解問題は、与えられた文章の主題や世界観が理解できれば正答を選べます。のんびりしすぎなければ時間内に小論文まで書けるはずなので、過去問で時間配分まで含めて練習しておくことを強く勧めします。

 

さて、以下、小論文のアドバイス。

昨年度前期の多摩美大入試小論文の出題は「『カレンダー』(後期『天気予報』)について、あなたの考えを四〇〇字の文章にまとめなさい。」でした。

さて、「考え」とは?

辞書には、「考える」(1)経験や知識を基にして、未知の事柄を解決・予測しようとして、頭を働かせる、(2)相手や将来のことについて思いをめぐらす、とあります。

 

2003年度から課題を整理してみます。

■変わり種

03前期「あなたにとって『嘘』(後期『恥』)とは何か。具体的な例をあげて四〇〇字以内にまとめなさい。」

04前期「あなたは、赤と青のどちらの色がより美しいと考えますか(後期「『○』と『△』のどちらが、より完全と考えますか」)。いずれか一方を選び、理由を示して、四百字でまとめなさい。」

05前期「『もしも  が壊れたら』(後期『もしも  を乗り物にたとえると』)という書き出しで四百字の文章を作りなさい。ただし空欄は任意の言葉で補うこと。」

09前期「あなたが住んでいた、あるいは住んでいる町の景色について、具体的な記憶をもとに、四〇〇字の文章を作りなさい。」

09後期「あなたは展覧会をすることになりました。好きなジャンルを決めて、四〇〇字の文章でその案内状を作りなさい。」

11前期「  の美術館」という題で、四〇〇字の文章を作りなさい。解答と  内の言葉は作文用紙に記入すること。」

■テーマのみ

06前期「『私のこだわり」』(後期『時間』)という題で、四〇〇字以内の文章を書きなさい。」以下同じ。

07前期「『鏡』(後期『道』)という題で」

08前期「『手紙』(後期『写真』)という題で」

10前期「交通」について/後期「遺跡」について、四〇〇字の文章を作りなさい。」以下同じ。

11後期「『本』について」

 

2012年度からの3年間は「考え」を求めています。

12前期「『美術の喜びを分かち合うこと』について」、後期「人類が自由に宇宙を旅行できるようになったら、美術はどう変わるか。」

13前期「『わたしと辞書』という題で」、後期「『わたしのヒーロー』または『わたしのヒロイン』という題で」に続け、「あなたの考えを四〇〇字の文章にまとめなさい。」というものでした。

これまでも、多摩美大は多種多様な出題があり、今年度の入試が「考え」を求めるモノか、それとも、以前のように制約のあるモノになるのかは分かりません。08年度のように多少エッセイ風でもいいような出題に戻るのか、あるいは、05年度のような変わり種タイプになるのか・・・。

けれど、もし「考え」を求められているのなら、結論部分では与えられたテーマに戻す必要があると考えます。全体の4分の3まで自由に広げても構いませんが、必ず、結論では、たとえば「わたしにとってのヒーローとは、世界平和を守ったり、巨悪と戦ったりする存在ではない。わたしを見守り、わたしの喜びや悲しみを共有してくれ、ともに笑ったり泣いたり怒ったりしてくれる、わたしに寄り添った存在である。」のようにまとめる必要があります。

最後に、参考例を1つ。(柳田晴子)

 

「手紙」

 ラインの「既読スルー」にしても、電子メールの返信が遅いことも、相手に伝えるだけでいいなら、どちらも問題にはならない。

 ラブレターを書くとき、自分らしさが伝わるような便箋と封筒や想いに見合ったペンを選ぶ。時間をかけて何度も下書きし、それでも何枚も便箋を無駄にする。片恋でもいいと思いながらも淡い期待を抱いて、最後に「お返事待っています。」と書く。

 そう、ラブレターでなくても同じなのだ。自分の気持ちを伝えるのはもちろん、相手の反応も知りたいのだ。一通の手紙にかけた時間の分だけ待てるのだとしたら、ラインやメールの返事を待てる時間は相当短い。

 手紙は自分の想いを伝えるためだけに書くものではなく、相手からの返事を心待ちにする時間をも含めた双方向の行為なのだ。ラインやメールは双方向の時間を短縮できる分、重ねる言葉も多いのだから、もっと上手に使って意思疎通を図りたい。

(382字、20字×20行)

中3生コース大船青葉合同コンクール

昨日は湘南美術学院中学3年生コース「大船校青葉台校合同コンクール」が行われました!

中3生コース二校が一同に集まるのは初めての事で、とても良い機会となりました。

今回集まったのは美術系高校への入試を控えている生徒達です。

青葉台のみんなが大船へ来てくれましたよ~、ありがとう!!

IMGP3347.JPGこんなにたくさん!

IMGP3383.JPG作品もこんなにいっぱい並びました!!

IMGP3355.JPGIMGP3357.JPG初めての空間、初めて会う同級生とのデッサンは試験さながら。みんな集中して描いています。

では、今回の各校(弥栄、上矢部、白山、)の優秀作品を紹介したいと思います。

IMGP3372.JPG弥栄高校グループ1位!  構成が良いですね。形もしっかりとれています。(大船校作品)

IMGP3369.JPG弥栄高校グループ2位!  描写がとても魅力的です。よく観察して描こうとしています。(青葉台校作品)

IMGP3380.JPG上矢部高校グループ1位!  ひとつひとつの物をしっかり描いています。明暗も良く描けています。(大船校作品)

IMGP3373.JPG白山高校グループ1位! 形がしっかりとれています。見やすいですね。(青葉台校作品)

大船校、青葉台校ともにがんばりました。どちらのデッサンにも違った魅力あって、面白い結果となりましたね。今まで見たことのないデッサンに出会えた事で、みんな何かを感じとってくれたのではないでしょうか。

これからも自分のデッサンを磨いていきましょう!!

横浜青葉台校ジュニアアート『基礎科祭DM作り!』

こんにちは!

本日は基礎科と合同で基礎科祭のDMを制作しました。

素材もモチーフも自由に描こうということだったので、何が出てくるか楽しみです。

家で構想を練ってきた人や何を描こうか迷ってしまう人もいたものの、無事に各自が描きたい方向が決まり、徐々に制作へ熱が入って行きました。

DSC070671.jpg

未年ということもあり可愛らしい羊さん!和を感じさせる柔らかで落ち着いた色彩が絵のイメージにぴったりです。どことなく作者に似ている...?

DSC070561.jpg

 だまし絵のような少し視点の違う面白い作品。一見よくありそうなリビングの一角...

、と思いきや!完成がたのしみです!

DSC070661.jpg

実にクールな作品。具体的なモチーフといえばタイルのようなパーツのみの少ない要素でやりきりました!人と違う色感で、作品全体から大人びた雰囲気が感じ取れます。

DMという人に見られる、情報を伝えるための媒体であるという意識の中での制作は、普段にはない気遣い、客観性が必要ですが、そんなことにも少し気付けた今回の授業だったんではないでしょうか。

DSC070721.jpg

 

来週は『細密画を描こう!』です。お楽しみに!

大船ジュニア・中3 基礎科祭DM作り!

こんにちは。昨日今日はセンター試験がありましたね。

受験生にとってはいよいよ本番!みんなが自分の力を発揮できるよう願っています。

 

さて、今日のジュニアでは中3生と合同で、3月末に行われる基礎科祭のDM制作をしました。

毎年ショナビ祭のDMは応募の中から決めています。今年はどんなDMになるのか楽しみですね!

 

DSC09049.JPG

 

各自お家で構想を練って来たものをもとに、

真剣に取り組んでいました。

DSC09034.JPGDSC09035.JPG

資料を参考にしながら、熱心に観察しています。

DSC09037.JPG

中3生もジュニアの生徒も、思い思いに描いた

素敵なイラストでした。

DSC09051.JPG

DSC09055.JPG

DSC09058.JPG

みんなのイラストが2015年基礎科祭のDMになりますように!

大船ジュニア 基礎科祭DM作り!

こんにちは。昨日今日はセンター試験がありましたね。

受験生にとってはいよいよ本番!みんなが自分の力を発揮できるよう願っています。

 

さて、今日のジュニアでは中3生と合同で、3月末に行われる基礎科祭のDM制作をしました。

毎年ショナビ祭のDMは応募の中から決めています。今年はどんなDMになるのか楽しみですね!

 

DSC09049.JPG

 

各自お家で構想を練って来たものをもとに、

真剣に取り組んでいました。

DSC09034.JPGDSC09035.JPG

資料を参考にしながら、熱心に観察しています。

DSC09037.JPG

どれも思いおもいの素敵なイラストでした。

DSC09055.JPG

DSC09058.JPG

みんなのイラストが2015年基礎科祭のDMになりますように!

★横浜青葉台校★11/9と1/11の1DAYアート♪

こんにちは!1DAYアートブログ担当・青葉台校受付の戸田です^^

2015年がスタートして、もう2週間が経とうとしていますね。

先日1月11日と、昨年11月9日に行われた1DAYアートの様子をリポートいたします★

先ずは、11月9日に行われた「きれいでゆめのあるキャンドルをつくりましょう」の様子です!

この講座は20名の定員に達した、大人気の講座でした!

「どの入れ物で型をとろうかな」「たくさんあって迷っちゃうね!」

キャンドル20.gif

キャンドルのエキスが変化する工程を観察中!

「おお~!キレイ~!!」

火を扱う課題でしたが、皆ちゃんと約束守って作れましたね!

キャンドル20-(2).gif

ベースの色が決まったら、火をともす芯棒を入れて固めます。

キャンドル26.gif

キャンドル24.gif

固まったのをとると、じゃ~ん!!!こんなに素敵なキャンドルができました★

キャンドル18.gif11月の課題では、大盛況のうちにおわりました!おうちのお祝い事などで是非使ってくださいね★

つづきまして、1月11日にありました「フェルトで動物つくろうヨ」の様子です!

何を作ろうかな~!お父さんも、真剣です!

150111wande0.gif「楽しいよ!」

150111wande11.gif

こちらは立体的な作品に挑戦中!

150111wande2.gifムム!これは力作の予感・・・!

150111wande4.gifチクチク針を刺しながら形を作っていくんだよ~

150111wande3.gif皆一生懸命つくっていましたよ^^

150111wande5.gif最後は、じゃ~ん!皆さんの作品を並べました!

3時間弱で、このクオリティーです!皆さんの集中力と創造力が素晴らしい!!

150111wandesaigo2.gif

最後に記念写真をパチリ☆彡みんな、良く頑張りました!是非、おうちに飾ってくださいね^^

150111wandesaigo.gif次の1DAYアートは、「紙のかわりにセッコウで版画!?」です!

お申し込みは2月2日より受付いたします。たくさんのご応募お待ちしております!!

最後にベストなオフショット☆彡

150111wandenesoberi.gif「いえ~い!楽しかった~!」「みんなもおいでよ!」

以上、1DAYアートブログでした!

大船ジュニア 巻物!描き初めをしよう

もう11日ですが、あけましておめでとうございます!

2015年一発目は描き初めです!

ジュニアアートでは書き初めではなく、描き初めなのです。

鳥獣人物戯画や のような絵巻物に挑戦しました!

IMGP5660.JPG

書道用の長〜い半紙に自由な画材を使って、物語を描いていきますよ〜。

IMGP5661.JPG

先にエスキースで絵巻物の登場するものと物語を考えます。IMGP5666.JPG

IMGP5662.JPG時には資料を参考にして...

IMGP5672.JPG横長の形を活かしてどんどん描いていきましょう!

IMGP5690.JPG

IMGP5681.JPG

2015年、素敵な作品でスタートできましたね!

今年もジュニアアートは元気にいきましょう〜!

横浜青葉台校ジュニアアート『描き初め!巻物を作ろう』

みなさま、あけましておめでとうございます!

ジュニアアート横浜青葉台校、新年最初の課題は、

書き初めならぬ「描き初め」!

長い半紙に墨で描いて、絵巻物を作ります。

まずは、墨のいろんな表情を実験・・・

20150111nana1.jpgそんな中から物語を考えてゆきます。

20150111nana2.jpg20150111botan.jpg描き終わったら、絵巻物に製本して・・・

20150111makimono.jpgできあがり!!

20150111makimono1.jpgおはなしの、はじまりはじまり〜・・・

講評会では、それぞれが絵巻物を絵解きしてくれました。

20150111nanaria1.jpg20150111nanaria2.jpg小さなヘビのような生き物が二匹、海の中でさまざまな危険に出会いながら、

ヒトデに乗せてもらって長い旅に出るお話や・・・

20150111fuga1.jpg20150111fuga2.jpg木から落ちて、見捨てられたと思い、悲しみながら腐っていった木の実が、

やがてその木が切り株になったころ、種から芽を出して、とうとう

もとの木を超えるくらい大きな木に成長する物語。

20150111botan1.jpg20150111botan2.jpg引きこもりだったカタツムリが、思い切って散歩に出てみると、

黄金のきのこを見たと自慢するシャクトリムシに出会い、

それを探しに旅に出る・・・というお話など、

みんなの想像力が羽ばたき、墨と和紙の表情もとてもよく使いこなして、

すてきな作品が仕上がりました!

どうぞ、大切にしてくださいね。

そして、宿題だった100枚クロッキー、みんなちゃんと持ってきましたよ〜!

20150111fuga100.jpg20150111botan100.jpg20150111nana100.jpg初めてのクロッキー。ここまで来るのに少し時間はかかりましたが、

そのぶん気合いの入った力作たちが並びました。

これからクロッキーを、歯磨きと同じくらいの習慣にしていきたいですね!

この調子です。

さて、来週はいよいよ年度末の大イベント!

基礎科祭のDMコンクールです。

ジュニア生は毎年、多数入賞するなど健闘しています。

今年も上級生に負けず、がんばりましょう!楽しみにしています☆

大学入試センター試験「現代文」 ワンポイント・アドバイス♪

111[1].jpgいよいよ、来週ですね。美大学科ブログでは、私大入試が終わるまで、入試に役立つワンポイント・アドバイスを載せます。

まずはセンター「現代文」。即効性のある、また、取り組みやすい、第2問文学的文章(主に小説)の解法を、2014年度の本試験の設問を引用してまとめます。

 

現代文の良さは、正解が本文中にあることです。「合格したい!」という気持ちを持って、最後まで諦めずに得点を伸ばしていきましょう!!! (柳田晴子)

 

第2問より

問1 傍線部の本文中における意味として

★必ず辞書的な意味を抑える。その上で前後の文脈がヒントになる場合もある。

 

問2 傍線部A「ほーっと吐息をついて縫い物を畳の上に置いた」とあるが、このときの道子の心情はどのようなものか。

★「ほーっと吐息をつく」...悩み、苦しみ、心配事があるとき、がっかりしたとき、感動した時などに思わず出る長い息。

★「心情」...事件・原因があって初めて感情を生じる。「このときの心情」よりも「なぜその心情になったのか、その原因」を指摘する。選択肢を内容一致問題のように絞っていけばよい。「兄の後姿を、道子は顔を上げてじっと見ていた」ように、兄が原因であり、その後「屈托(屈託:くよくよすること、疲れて飽きること)」している。

 

問3 傍線部B「わくわくして肌を強くこすった」とあるが、この様子からうかがえる道子の内面の動きはどのようなものか。

★基本の解き方は問2と同じ。「うかがえる」とあるので、間接的心理描写(暗示表現)を読み取る必要がある。

★「この様子」...間接的な感情表現(暗示的)。「肌を強くこすった」のは「わくわくし」たから。

★「肌を強くこすった」...感覚(知覚)表現は「リアリティ」「臨場感」などの効果がある。

 

問4 本文90行目までで、陸郎と道子とはお互いをどのように意識し合う関係として描かれているか。

★それぞれの記述と矛盾のないモノを選ぶ。内容一致問題のように消去したり選択したりする。

★「~兄弟は親し過ぎて揶揄うぐらいのものであろうから。いやそれよりも彼女は月明の中に疾走する興奮した気持ちを自分独りで内密に味わいたかった」「陸郎はこれを聞いて『おばあさんのようなことをいう』と言って笑った」「陸郎は妹の後をつけるということが親し過ぎるだけに妙に照れくさかった」の記述から読み取れる記述のある選択肢を選ぶ。

 

問5 傍線部C「二人は真剣な顔をつき合わせて言い合っていたが、急に可笑しくなって、ははははははと笑い出してしまった」と、傍線部D「二人は娘のことも忘れて、声を立てて笑い合った」の、それぞれの笑いの説明。

★「笑う」...これも感情表現なので、原因を指摘する。C「真剣な顔」=娘を心配、「急に」=特に原因はない。D「二人は月光の下を寒風を切って走ったことが近来にない喜びだった」から。

 

問6 四つの場面の表現に関する説明。

★「表現」...知識問題として、また、内容一致問題として解けばいい。選択肢と本文を丁寧に照らし合わせれば正解を得られる。知識が必要なモノは、以下にまとめておく。

●「回想シーン」がある場合、(時間的に)奥行きが出たり、重層的なイメージになったりする。

●「レトリック」「感情表現(直接・間接)」が多い場合、登場人物の内面を豊かに表現する場合が多い。

●会話文がなかったり、文末が過去形(完了形)だったりする場合、冷静・分析的になる傾向がある。

●会話文が多かったり、文末が現在形だったりするモノは、臨場感やリアリティを感じさせる。

●地の文(ナレーション)が主人公の場合、臨場感が出る。

センター試験まで、あと1週間!

受験生には"お正月でゆっくり"なんてしている暇もなく、あっという間に来週の土日にはセンター試験が控えています! この時期は、みんないつになく勉強に力を入れてくれるので、学科講師としてはうれしいですが、みんなにとっては嫌な時期だと思います。

 

PN2013011901001951.-.-.CI0003[1].jpg

今週の学科ブログは、センター試験のワンポイントアドバイス!

センター試験の英語は、みんなご存じのとおり分量が多いので、スピードが必要となります。たぶん、みんな過去問などを80分で解いて練習していると思うので、以下の3つのポイントを意識して、演習に取り組んでみることをおススメします!

 

①家で解くときは、本番の緊張感を想定して、75分など少し短めの時間設定で解いてみよう! その際、ちゃんとストップウォッチなどを使い、時間終了後は絶対に解答しないこと。ついつい、「あと一分」とか「この問題だけ」とか、ダメです!

 

②最初から解き始めるよりも後ろから、つまり第6問→54321という順番で解いていく方が良いでしょう! アクセントや文法問題が1問につき2点なのに対し、長文は6点と配点が高いです。しかも、長文は時間がなくなってくると、焦って正答率が落ちやすいです。逆にアクセントや文法などを先にやると、覚えていなくて時間を使っても解けない問題にまで、余裕があるから無駄に時間を使ってしまいがち。

 

③「完璧に全て解こう」と思いすぎない! 「今までで最高の点を取ろう!」「絶対に全問解き切る!」と強く思いすぎると、プレッシャーがかかり過ぎたり、迷う問題があった時に時間を使いすぎて最終的に全部解き終わらなくなってしまったり、と普段より悪い結果になる場合の方が多いように思います。あえて言いますが、模試で取った点数以上のものを、本番で出すことは、ほとんどの場合無理です。持っている力以上の結果は出せなくて当たりまえ。時間がギリギリの人は、「アクセントなどは、時間がなかったら適当マークでもいいや!」というように、捨ててもいい問題をあらかじめ設定しておきましょう。変に肩に力を入れるより、「普段通りできれば十分だ」という気持ちで臨みましょう!

 

 

ものすごくよく言われている言葉ですが、「練習は本番のように。本番は練習のように。」やはりこれにつきます。本当に大事なのは、試験当日ではなく、それまでの日々です。今回のポイントを意識し、より具体的に本番を想定し、準備をしっかりすることが重要で、当日は普段どおりにやりましょう!

 

英語科 嘉部隼人

ワンデイアート1月が定員に達しました(鎌倉大船校)

《ワンデイアート1月開催に関しまして》

まことに申し訳ありませんが、鎌倉大船校は既に定員に達しましたので

これで申込を締め切らせていただきます。

 

なお、横浜青葉台校に関しましては、まだ空きがございますので

引き続きお申し込みお待ちしております。宜しくお願い致します。

 

 

1day3.jpg

ページトップへ