芸大・美大受験総合予備校 湘南美術学院 ショナビ|鎌倉大船校横浜校横浜青葉台校

Twitter

facebook

2015年8月

「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬる」

51GagqRnWtL.jpg完了の助動詞「ぬ」・打消の助動詞「ず」の識別もあり、係り結びもあり、の古典文法要素豊富な藤原敏行の和歌、『古今和歌集』より。

 

「秋が来た、って見た目でははっきりとは分からないんだけれど、風の音で(秋の訪れに)ハッと気づかされたよ!」

 

暑いときには蝉の声にまで文句を言いましたが、朝夕の肌寒さを感じると急に夏が恋しくなって、大滝詠一の『君は天然色』『カナリア諸島にて』『ペパーミント・ブルー』なんかを慌てて聴いています(笑)。

 

 

★新・言の葉ゼミ104 「対象・モノ②」

 

前回、「対象」は、(1)それに向かって行為・精神活動が行なわれるモノ、見られるモノなど、(2)目標となるモノ、目当て、と確認した。

 

①「恋愛対象」

 

辞書によると、「恋愛」は、カップルが相互にひかれ、ほかの人をさしおいて最高の存在としてとらえ、毎日会わないではいられなくなること。「愛情」は、(1)自分の身近な人や弱い立場の人に対して、何とか尽くしてあげたいと思う心、(2)特にその人でなければならないと思い、親しむ(=離れられない関係)心。

「ともだち」は、一緒に何かをしたり遊んだりして(=一体感を持って)親しくつきあっている人。

 

「対象」は、自分の外側にあるモノ=客体を、主体である自分が眺めている、ということを表す。「対象」と自分は一体感を味わえない。

「対象」を見つめるのが恋愛、一緒に「対象」を見るのが友だち。

 

②「対象化」

 

②一体感があるときには気づかなかったが、ふと、見つめ(=対象化し)たとき、ドキッとする。それまで見ていなかった魅力に気づく。

 

まさに「対象」とは「見ること・モノ」なのだ。(柳田晴子)

油画 稲垣 .. 芸術の地を巡る旅

夏期講習もいよいよ終盤、気がつけば8月も終わりに近づいて来ましたね。

皆さん、元気にお過ごしでしょうか?


私はいま、かつて芸術家たちが過ごした様々な土地を訪ね歩く旅をしています。
パリをはじめ南仏などのフランスの都市を巡り、今はオランダのアムステルダムという街に来ています。
17世紀オランダ絵画の黄金時代に生きたレンブラント、フェルメール、また近代ではゴッホ、現代ではモンドリアンやデ・クーニングといった画家がオランダは特に有名ですね。街中をめぐる運河は世界遺産に登録されているそう。
amsterdam01.jpgさて・・
今回のblogでは、油画科らしく、画家たちの憧れの地である"南仏 sud de la France"に関するお話を中心にしたいと思います。

南仏といえばその温暖な気候と美しい自然で有名ですが、他にも近現代の多くの芸術家たち(Cézanne,Matisse,Gauguin,Gogh,Picasso,de Staël,Yves Klein 等)が過ごし制作に励んだ土地としてもよく知られています。
sud02.jpg
真夏の南仏はとにかく日差しが強く、毎日カラッと晴れており一切のニュアンスを吹き飛ばすような天候でした。色彩や形態をより鮮明に見ることが出来るこの土地、湿度の高い日本の風土と大きく異なりますね。
 
sud.jpg
南仏 海沿いに位置するニースという街。駅から暫く歩いていくと、そこにはすぐ大きな空と海が広がっています。
この土地で生まれたイヴ・クラインもニースの空に影響を受けているそうで、印象的な作品の青への思いやその拘りの理由がよく分かる気がしました。果てしなく鮮烈なブルー。
 
provence02.jpg

続いて、セザンヌの故郷Aix en Provenceについて。
この土地は南仏の内陸部に位置した小さな街です。海岸沿いを訪ねたあとだったので、エクスの落ち着きある街並みには温かみを感じました。光がきれい。

provence06.jpg
エクサンプロヴァンスは一日もあれば町中を歩けてしまうほどの広さですが、なんといっても、ここにはセザンヌが生まれた家(写真右下)やアトリエ、風景などが数多く残されています。
ちなみにアトリエは人里離れた山道にあり、予約制で時間ごとに限られた人数のみ入室可能。室内は撮影禁止、生前使用したとされる画材や家具、様々なモティーフが今も大事に保存されていました。
特に印象的だったのがアトリエ入ってすぐの北に面した大きなガラス窓です。セザンヌは制作時にこの光をとても大事にしていたそうで、窓から入る光がモチーフに柔らかい陰影を落としていました。
provence05.jpg
アトリエ鑑賞後、Les Lauvesにサン・ヴィクトワール山を見に行きました。(セザンヌのアトリエからおよそ15分、坂道を登った場所にある丘)
晴れの日にはキャンバスや画材道具を抱えながら早朝からこの道を年老いたセザンヌが歩いていたのかと思うと、描くことへの強い執念を感じずにはいられません。

provence04.jpg
サン・ヴィクトワール山、まさにセザンヌの絵そのもの!
丘の上にはセザンヌが描いた一連の作品やキャンバスを立てた場所なども記してありました。
茂る緑の向こうに見える小道や家々、そしてサン・ヴィクトワール山。
"近代絵画の父"と呼ばれた偉大な画家セザンヌ、Aix en Provenceで生まれた作品群は後に多くの芸術家に影響を与えることになります。
しかしその手前では、信念を貫きながらも毎日あくことなく筆をとりこのプロヴァンスの風景を描き続けていました。その姿勢にはとても感動させられますね。

provence01.jpg
その他、エクスのグラネ美術館ではちょうどIcônes Américainesというアメリカ現代作家の展示が行われていました。質の高い作品群、こちらも面白かったです。
 
まだもう暫くの間、暑い夏が続きそうですね。
今しかできないことを懸命に、そして実りある時間となりますように。
さあ、今日もまた絵を描こう..!
gogh.jpg

オリジナル植木鉢づくり! in 横浜青葉台校

今回の1dayアートは、「オリジナル植木鉢づくり!」



ということで、絵具をつかってみんな自由に好きな絵を描いていきます!

DSC00198 (500x333).jpg



どんな植木鉢になるか楽しみです!

DSC00199 (500x333).jpg




自分でつくったオリジナルの植木鉢に、お気に入りの苗を植えかえて・・・・



完成!!!

DSC00204 (500x333).jpg



どれも素敵な作品ですね。がんばったかいがありました! 

みんな集中して、楽しみながらアートをしてました! 

来月は、「モザイクアートで描く」  どんな内容か楽しみですね。

横浜青葉台校は9/13(日)。鎌倉大船校は9/27(日)。

みなさんの参加をおまちしてまーす!

DSC00208 (500x333).jpg

1dayアート「ウッドバーニング」

こんにちは!

今回のワンデーアート、課題は「ウッドバーニング」!

ウッドバーニングとは!!?

ご説明しましょう!ウッドバーニングとは木材の板に半田ごてを当てて焦がす事で絵を描く表現の一つのなんです!

ショナビでは地元の桜並木保存会の方々との協力の上で砂押川の桜並木にソメイヨシノの銘木板を掛けてあげるのが恒例となってます。

今年も暑い中たくさんの子供たちにウッドバーニングを体験してもらいました。

DSC07383.JPG

今回は三つの書体をみんなに選んでもらったあとに、自由にデザインを考えてもらいました。なかには文字の上に鳥の羽根をすこし重ねたりなど、オシャレな物もチラホラ。半田ごてを持って黙々と制作をする姿は職人顔負けです!☆

DSC07407.JPG

半田ごて気を焦がしデザインを刻み込んだあとは、絵具を使って色付け!!みんなの個性がいかんなく発揮されてました〜。

DSC07403.JPG

またみんなのデザインが砂押川の桜並木にかけられると思うと楽しみですね!!☆

砂押川プロムナードの保存会の方々ならびに足を運んでくださった保護者のみなさま、本日はお暑い中ありがとうございました!そしてまた来年もウッドバーニングに挑戦してくれる子を待ってます!また会いましょう〜〜〜〜

ジュニアアート「紙芝居を作ろう」

こんにちは〜。

今回は丸々2日間かけて紙芝居をつくる課題です。

なんと言っても紙芝居はストーリー設定がとにかく肝!

まずはプリントを使って文章と場面のスケッチ。「起承転結」を意識しながら時間をかけてストーリーを組み立てます。

DSC07324.JPG

物語に登場させる動物についてもパソコンや図鑑でしっかり下調べ。

DSC07322.JPG

さらに、元ショナビジュニア講師の紙芝居作家・築野友衣子さんの紙芝居の映像をみんなで鑑賞しました。

絵だけではなくて、文章の読み方や場面を変えるタイミングなど、聞き手への伝え方も大事なんですね。

じっくりストーリー作りと絵の下書きをしてから、2日目はいよいよ着彩!

途中、「意外と時間がない!」と少し焦りながらも、最後まで集中して取り組みました。

DSC07369.JPG

完成したら、最後はいよいよみんなの前で発表、緊張の瞬間!

みんなストーリーも個性的で面白く、読み聞かせ方も、築野さんの動画をお手本に、それぞれよく工夫できていました。

スクリーンショット 2015-08-22 14.34.05.png

スクリーンショット 2015-08-22 15.26.34.png

小学5年生のY君の作ったお話は、大人も興味深く聞き入ってしまうような、サメについての知的で面白い内容でした。

2日制作でいつもよりボリュームのある課題でしたが、みんなしっかり完成させました!

次はいよいよ夏期講習最後の課題、粘土塑造です。あと一息、頑張りましょう!

 

 

グラデーション(gradation)

身近な単語ですが、段階(step)を本義とする「grade」の派生語で、色彩・光等のぼかし、色の推移だけでなく、さまざまなモノの推移や徐々に変化することに使える言葉です。

 

耳に入る蝉の声がミンミン♪からツクツクボーシ♪に変わったり、赤トンボがいたり、緑一色に見えていた木々の葉に黄色や赤色が混じっていたり、ふと風が涼しく感じられたり・・・。

 

9649968.v1212180491[1].jpg00nyudogumobgm1[1].jpg空を眺めると、夏の代表・入道雲と一緒に、鰯雲や巻雲が出ていることもあります。

「行合の空(ゆきあいのそら)」と言うんですって。夏から秋に移る頃、暑気と冷気が行き合う、去りゆく季節と訪れる季節が一つになった空。

 

秋は視覚以外にも訪れを感じさせるモノがたくさんあります。涼風、虫の声、果実や花の香り・・・。

季節のグラデーションを楽しみたいですね~♪

 

 

★新・言の葉ゼミ103 「対象(object)・モノ」

 

①「基礎科生対象 金曜教養講座」

②「恋愛対象はNPBの選手よね」

 

「対象」は、(1)それに向かって行為・精神活動が行なわれるモノ、見られるモノ・聞かれるモノ・考えられるモノなど、(2)目標となるモノ、目当て。

 

漢和字典。

 (1)相手、目標、(2)〔哲学用語〕我に対立するモノ、意識のはたらきによってとらえているもの。

「對(対)」は会意文字。鐘をつるす横木をかける柱にかたどったモノと「手」とで、楽器に向かう、ひいて、むかいあう、「こたえる」意。

「象」は象形文字。もと、ゾウを横から見た形にかたどる。のち、借りて「かたち」の意に用いる。 

 

つまり、「対象」は「かたち」に「むかいあう」こと=見ること。

 

①基礎科在籍生は、高1・2生と中3生。美大を志す基礎科生向けに、幅広く豊かな美術の世界を紹介するのが「金曜教養講座」。基礎科在籍生全員受講できるよう配慮し、基礎科授業のない金曜日に設置。高2生でも受験準備を始めたトビキュウ生は受験科生なので「対象」外=授業時間が考慮されていない。

②プロ野球選手は各球団70名枠×12球団=840名。1学年300人弱規模の男子校の生徒数くらい。日本人男性のざっくり0.0014%。

 

「object」は、(何か)に向かって(ob)投げられた(ject)モノが原義。(1)物体、物、(2)対象、(3)行為などの直接の目的(purpose)、目標、目当て、(5)文法で、目的語、(6)哲学で、対象、客体(⇔subject)

 

次回、もう少し掘り下げて(柳田晴子)。

夏期講習フィギュアゼミ

集中力が違います!

石粉粘土を使い各自思い思いにフィギュアを制作。

150808-12.jpg

150808-7.jpg

150808-9.jpg

150808-10.jpg

150808-1.jpg

150808-11.jpg

150808-8.jpg

150808-3.jpg

150808-2.jpg

150808-4.jpg

150808-5.jpg

150808-6.jpg

夏期講習縮尺ゼミ

狙ってます。遠くのブルータス。

しっかりシルエット合わせて、縮尺模刻。

150817-4.jpg

150817-5.jpg

150817-1.jpg

150817-6.jpg

150817-7.jpg

150817-3.jpg

150817-2.jpg

吉田有紀個展

夏期講習も後半戦に入り佳境ですね。

体を壊さないように気をつけて最後まで走り抜けてください。

自分もこの夏は個展のために制作三昧でした。熱中症寸前までアトリエで作品と格闘していました。

今回の展覧会のテーマは、原爆、戦争です。昨今の日本の状況においても、今後ただならぬ方向に向かっていきそうな雰囲気は強く感じられます。自分も無頓着ではいられないという思いもあり、重いテーマですが挑戦してみました。時間を見つけて是非いらしてください。

吉田有紀 DEATH IN LIFE
2015 年 8 月 15 日(土)~9 月 12 日(土) 

〒162-0805
東京都新宿区矢来町32-2

03-6873-3830

日曜日、月曜日、祝日は休みです。

http://eitoeiko.com

http://eitoeiko.com/picture/yuki_yoshida/JP_PR_deathinlife2015.pdf

ジュニアアート 「雲から連想して絵を描く」

こんにちは!

今回は、雲からインスピレーションして絵を描く課題を実施しました!今日は空が全体的に曇で覆われていたので、なかなか特徴的な雲は見つからなかったのですが、生徒それぞれ独自のアイディアを膨らませて作業に取り掛かりました!

IMGP3985.JPG資料を見ながら慎重に描き進めていきます!

IMGP3990.JPG作品の全体像が確定し、下書きがすぐに終わったので思ったより早く着彩の作業に入ることが出来ました!

IMGP4008.JPGどんな絵が出来るのか楽しみですね☆

IMGP4009.JPGIMGP4012.JPGみんな集中してていいですね!良い作品が出来そうです!

終了時間ギリギリまで作業をしたのでとてもいい完成で終えることが出来ました!どうぞご覧ください!

IMGP4017.JPG逆光の雲が本物のようで良いですね。龍と周りの宝玉の神々しさが分かりやすく伝わってきます!

IMGP4019.JPGサメと魚の形した雲が空を泳いでいます!ユニークな発想で目立ちますね。

IMGP4020.JPG雲が集まって百獣の王に変身!強く吠えている姿が魅力的ですね。雲の描写や空の色合いにこだわって描いたそうです!

想像以上のクオリティの作品を生み出すことができたので、生徒たちも大満足でした。この達成感を忘れずに、別の課題でも活かせると良いですね。

明日と明後日は紙芝居を作ります!どんな作品が出来るのでしょうか?お楽しみに!

ジュニアアート ブッシュステンドグラスモビール

こんにちは!!

今日は生徒にのびのびと自由に作品を作りました。今回の課題はブッシュステンドグラスモビール作りです!

まずモビールを作る前に、前半は準備運動がてらに大き目のプラバンにステンドグラス風の絵を描きました。

IMGP3933.JPG自由に絵を描いて!といったらみんなすぐに作業に取り掛かって、あっという間に描いてしまいました!仕事が早い!

IMGP3941.JPG早い子は授業開始30分で本番に入りました。

IMGP3948.JPG

完成品はこんな感じで出来上がりました!

IMGP3964.JPGIMGP3965.JPGキャラクター風ではなく、本物の猫を意識して描きました!愛らしいですね!

IMGP3966.JPG

後半はいよいよブッシュステンドグラスモビール作りに取り掛かります!デザインを考え、前半にやった作業と同じ事をしていきました。

好きな動物や乗り物をモチーフに作品を作る生徒や、作品の中に物語を設定する子もいました!完成品はどんな見た目になるのでしょうか?

IMGP3962.JPGIMGP3955.JPGIMGP3958.JPGなかなか面白そうに仕上がりそうですね!最初に比べて作業に慣れてきたようです。

造った部品を糸と針金に結び付けて完成です!

IMGP3967.JPG

IMGP3969.JPGサメから逃げる人間!設定が面白いですね。

IMGP3971.JPG三匹の猫の愛らしいシルエット!モビールが動くたびに猫がじゃれているように見えます!

IMGP3972.JPG綺麗な色合いで物語性を感じます!

明日のジュニアアートでは雲から連想して絵を描く予定です!天気が晴れると良いですね!

ジュニアアート「伝言デッサン」

こんにちは!!夏期講習も後半がはじまりました、ジュニアアートです!

今日は鉛筆を持ってデッサンをする前に、すこし変わったことを試してみました!

それは「伝言デッサン」!1枚の敷居を挟んで二人が座っています。そのうちの一人がモチーフの特徴を口で伝え、

もうひとりがそれを紙に描きおこすというものです!今回は午前の時間をたっぷり使って

さまざまなモチーフをみんなに伝言デッサンしてもらいました!

ものの特徴を的確に人に説明するのは難しいことですが、これがデッサンをうまく描けるようになる一つのコツです!

みんな、自分が描いているものがどういう形や素材なのかなど、いろいろ考えながら絵を描くようにしましょう。

DSC07192 のコピー.jpg

午後は伝言デッサンで描いてもらったモチーフたちの中から好きな物をいくつか選んでもらい、

それを時間をつかって卓上デッサンしました!このデッサンでも伝言デッサンのように特徴を紙に書いてからデッサン開始!☆

伝言デッサンででてきた特徴を活かしながらデッサンできたかな?

DSC07197.JPG

明日のジュニアアートは「ブッシュステンドグラスモビール」です!いったいなんだろう!?

その正体は明日のお楽しみです!!☆

横浜青葉台校 中3美術系高校受験コース 夏期最終日

こんにちは〜!

中3コース最終日です☆

初日から今日まで写真で振り返っていきまっしょう!




初日は鉛筆の特性を感じる為に、Bの鉛筆だけを使ってグラデーションを作ってみたり・・・


blog-aoba4DSC09516.jpg


2日目からは基本の図形の描き方を学びました



blog-aoba5DSC06310.jpg


正円の描き方や遠近法についてみっちりと勉強し、デッサンで応用していきます!



blog-aoba2DSC09537.jpg

するとこんなモチーフもおてのもの☆

飲み込みが早いですね〜!



blog-aoba1DSC09542.jpg

最終日は過去問課題をやってみたり・・・と盛りだくさんの6日間でした


blog-aoba6DSC09549.jpg


本当に本当に、朝早く猛暑のなか、6日間お疲れさまでしたっ


講師も生徒のみなさんも、帰宅後すぐ寝てる人多数!


この夏で身に付けた知識や技術を忘れないように、毎日少しでいいので復習して下さいね♪



blog-aoba3DSC09518.jpg


最終日なのでお茶会をして、サイコロトーク(ごきげんよう)で盛り上がりました◎

ここで一句・・・

コロコロと

回数重ね

饒舌に

そうです!何事も回数を重ねることで上達します!!この6日間で勉強したことを忘れずに家でも練習し、充実した夏休みを過ごして下さいね☆

二学期は9/6(日)10:00~スタートです。また会いましょう!!

ソウジュ、もとい、ショナビで何かが・・・?!

こんにちは、総合受験科です!

目下夏期講習中ですが、本日の学院内はなぜだかひっそり・・・

150809 (3).JPGいつもベンチに座っているあの子やその子も・・・

150809 (7).JPG今日は姿が見えません・・・

150809 (8).JPG

不気味なほどに静かです・・・

これは・・・この学院内で、何かが起きている・・・?!

150809 (1).JPGそんなわけありません

今日は受験科が全科おやすみの日なのでした☆

ショナビ生のみなさん、今日はしっかり休んで、また明日からいつもの元気さでもってバリバリ制作してください!

休むのも全力なショナビです!!!

本日は助手Aが執筆いたしました。

中3コース 『夏期講習 最終日!!』

こんにちは!

中3コースもとうとう最終日です。

今までの5日間で学んだ事を生かして、過去問に挑戦しました!

と言っても、ひとつの学校の過去問という訳ではありません。

様々な高校の過去問からモチーフをえらんで集め、高校受験の平均的な課題を設定してみました。

1508082.JPG

1508083.JPG

1508081.JPG

色調や構図、構成など、気を配るべきポイントは多かったですが、皆どうだったかな?

ではこの6日間の成果を見てみましょう!

yukiblog.jpg

こちらは気持ちよく画面の中に3つのモチーフがおさまっていますね。

鉛筆の種類を使い分け、質感の差を表現しようとしていて積極的で◎!

床や影の表現がもっと自然になるとすっきりした空間のデッサンになりそうですね!


nishiyamablog.jpg

こちらは先ほどと違い中心にきゅっとモチーフたちを寄せた構成になっています。

紙にほどよい大きさで入っていて雰囲気のある作品になっていますね。

それぞれの固有色や、影などをもっと捉えられると良いですね!


皆さんとても頑張りました!この夏期講習は基礎をあらためて学ぶ課題でした。

また自分にとっての課題が見えてきたのではないでしょうか?

焦らずひとつずつ確実にステップアップしていきましょう!

暑い日が続きます

 こんにちは。日本画講師の川﨑です。

毎日暑い日が続きますね。もう嫌になっちゃいます。

去年のちょうど今頃に屋久島に行ったので

今回はその時に撮った写真を載せます。

これを見て、少しでも心が涼やかになれば幸いです。

写真 2014-09-28 12 19 26.jpg

もののけの森

あの映画のモデルとなった森です。



写真 2014-09-28 10 35 26.jpg

苔が光輝いていました。



写真 2014-09-29 12 49 58.jpg

ガジュマルの森


写真 2014-09-28 9 11 36.jpg

荒川登山口から縄文杉までの道のりの、3分2がトロッコ道で驚きました。

こんな道が2時間も続きます!

トロッコは大正12年に、安房~小杉谷間を開通して、屋久杉を伐採し里に

運んでいましたが、昭和44年に運行を終了しています。

現在は、登山道にあるトイレなどの維持管理に必要な物資の輸送や、屋久杉

土埋木昔の切り株などの運搬に使用しているそうです。

 

写真 2014-09-28 8 26 19.jpg

ウィルソン株

屋久杉の切り株。1586年に豊臣秀吉の命令により

大坂城築城の為に切られたといわれる。胸高周囲13.8m。

 屋久島にはこんな大木がゴロゴロ転がっています。

 

あ〜また行きたい。ではでは!

 

夏の特別ワークショップ「ステンドグラスをつくろう!」 8.7 大船校

こんにちわ!
毎日猛暑日が続き熱中症などになっていませんか??
お店や電車などの冷房での温度差で私はもう夏バテしそうです...


さてさて、今回は前回紹介した夏の特別ワークショップ「ステンドグラスをつくろう!」の
大船校の様子を紹介します!
今回も暑い中遠くからお越しくださったご家族がたくさん...どんな作品が出来上がるのか楽しみです!

まずはステンドグラスの歴史のお勉強
そしてさっそく制作です!
大船校でのみなさんはとても慎重に取り組んでいる様子が伺えました!
念入りに下書きをしても「ペンを入れるとなると緊張する!」とためらう姿が...
「思いっきりが大事ですよ!」とアドバイスをしました

IMGP3597.JPG

いざ描いてみれば、あれれ...?意外にうまくいく!?
あれこれ悩むより手を動かした方が意外にうまくいくことってありますよね!

IMGP3601.JPG親子で協力して取り組んでいます

IMGP3600.JPGすごく真剣な表情...すてきですね!

この後キャンドルをつくりながら、絵具を乾かします!
キャンドル作りも「マーブル模様にチャレンジしたい!」「いろんな色混ぜてもいい?」と、子だちはとっても積極的に
取り組んでくれました!

IMGP3602.JPGIMGP3617.JPGIMGP3610.JPG子どもたちよりも、親御さんの方が真剣に取り組んでいますね...
普段使わない神経を使っているようで、ひとつひとつの作業が終わるたびにため息をつくお父さん、お母さん...
そんな風に夢中になっている姿を子どもたちが見てどんな刺激を与えているのでしょうか...!?

IMGP3630.JPGIMGP3640.JPG完成がこちら~!
今回も素敵な作品が出来上がりました!

IMGP3645.JPGIMGP3646.JPG光をともしたガラスもとってもきれいにできました~~!

IMGP3642.JPG今回の夏の特別ワークショップ
ステンドガラスアートを体験できるということでたくさんの親御さんに参加していただきました!
しかし、画材の扱いが難しくうまく制作できずにいた子どもたちが多く、「ちょっと難しすぎたかな...」と思っていたのですが
出来上がった作品を額縁にいれて飾るとこの笑顔!とっても充実した時間を過ごせたと実感できました!

普段出来ないアート体験をしてもらいましたが、
これをきっかけにして、アートに興味をもってもらえれば幸いです!

横浜青葉台校 中3美術系高校受験コース 夏期初日☆

こんにちは〜!

今日から中3コースの夏期講習スタートしました!!

DSC09514.JPG

中3コースは全6日間で、デッサンを描くにあたり重要なポイントを毎日1つずつ紹介していきます◎

初日は、鉛筆の種類と色幅について勉強しました。

絵を描く課題ではありませんが、描くための素材を知ることはとても大切です。

DSC09516.JPG


・・・ここで一句


グラデーション

ひとマスに込める

熱い想い

毎日本当に暑いです!熱中症に気をつけて頑張っていきましょう☆

ヒーロー

AS20150806004847_comm[1].jpg昨日、8/6は70年前に広島に原爆が投下された日。

そして、昨日、100周年を迎えた「第97回全国高校野球選手権大会」の開会式が行なわれました。100周年なのに、97回・・・戦争で開催されなかったためです。

 

8時過ぎに予備校の講師室でラジオをつけ、8:15に黙祷を捧げ、選手宣誓を聴きたいなと思って、そのまま流しっぱなしにしていました。野球ができる喜び、平和を思う気持ちが伝わりました。

 

始球式の話題になると、「王貞治さん」という言葉が耳に飛び込んできました。王さんが務めるということを、すっかり忘れていたので、慌てて席に戻ります。

 

20150807-OHT1I50011-T[1].jpg右手に(プロ野球で活躍時に着けていたファーストミットではなく)グローブをはめ、サウスポーの王さんの投じたボールがキャッチャーミットに納まったようです。

 

見たかったな~と思っていたら、YouTubeの動画で見ることができました。高校時代から王さんの大ファンだった母にも見せられました。

ど真ん中ストライクを投げる・・・期待を裏切らない姿がカッコいい!!! 私にとって、やっぱり、永遠のヒーローです。

(・・・カープはまた、8/6に勝つことができませんでした。でも、ユニフォームからメッセージは受け取りましたよ!!!)

 

 

★新・言の葉ゼミ102 「原因(cause)と結果(effect/result)」

 

①「因果関係」

②「結果論」

 

①仏教では、前世の悪業の必然的結果として現在の不幸があるという考え方を示すが、一般的には「原因」と「結果」をいう。

②「そんなの結果論だよ」のように、結果だけに基づいてあれこれ言う、論じる意味のない議論を指すことが多い。対になる考え方に「動機論」がある。「動機論」は、行為を評価する際、動機に重点をおく論。

 

「原因」は、ある物事や状態をひき起こすもとになったモノ。

「結果」は、(1)あることがもとで、そうなった状態、(2)何かをして分かった、そのように決まった事柄、(3)植物が身を結ぶこと、また、結んだ実。

 

「cause」は、偶発的に結果としてある事態を引き起こすこと、が本義。(1)原因、(2)理由、(3)目標、理想。

「effect」は、(1)結果に関わるモノ、原因の直接的な結果、(2)効果に関わるモノ、効果、影響、効き目。「result」は、最終結果。

 

「結果」ということ「result」を指すことが多いように思うが、「effect」を見ることで、「結果論」に終始することなく、途中で修正を加えていけ、望ましい「結果」を出せるように思う。

「結果」には必ず「原因」があるが、現実世界では、同じ「原因」が常に同じ「結果」を生むとは限らない。狙い通りの「結果」にならないこともある。だからこそ、道を見失ったときには「動機(目的・きっかけ)」に立ち返る。

「初心忘るべからず」・・・真なり、である。(柳田晴子)

ポップアートを作ろう

基礎科の夏期講習では、デッサン課題の他に色々な専攻科を体験出来る課題もたくさん実施しています。

今回は油画科課題として行った、「ポップアートを作ろう」を紹介します!

皆さんは、ロイ・リキテンシュタインって作家ご存知ですか?

今回はリキテンシュタインにならって、既存のアイコンを油彩に変換しアート作品を制作しました。

まずは好きな図像をトレースし、デザインを考えていきます。

細部など迷ったら先生と相談。

IMGP3491.JPG

彩色は3原色を基本にしてきます。

IMGP3501.JPG

計画がたったら縁取り、着彩をしていきます。

IMGP3505.JPG

IMGP3509.JPG

そして完成作品はこちら!

IMGP3537.JPG

このほかにも良い作品が沢山出来たので、ショナビ2階のギャラリースペースに展示中。皆さん観に来てねー!!

中3コース 夏期講習 前半が終わりました。

こんにちは、中3コースです。

先日始まった中3の夏期講習ですが、はやくも前半戦が終了しました!
前半戦最終日の今日は、「色調を表現する」に挑戦しました。

blog11.jpg

皆とても集中していますね。講師のレクチャーや過去の先輩たちの作品を参考に、皆どんどん成長しています!

夏ってかんじ~!!

blog22.jpg

blogkohyo.jpg

blogshiho.jpg

この3日間で鉛筆の使い方や形の取り方など、

高校受験に向けたデッサンの基礎を学んでいきました。

今まで意外と流していたことや知ることができなかった基礎をしっかりと学べたのではないでしょうか?

明日からの後半戦もデッサンにとってとても大事な要素をみんなで勉強していきます。
この調子でこの夏を走りきりましょう!

夏バテやクーラーの当たりすぎに気をつけて~!

 

8.9.10月の1dayアートのご案内!

8月は「オリジナル植木鉢づくり」、9月は「モザイクアート」、10月は「ハロウィングッズづくり」

8月~10月の1dayアートも、楽しい課題を準備しています。一緒にたのしく美術を学びましょう!!!


日程や詳細はこちらです。 参加をご希望の校舎にお気軽にお電話でお申し込みください。

1day8910a.jpg

 

湘南美術学院  受付時間9:30~13:30/14:30~17:30

鎌倉大船校 0467‐46‐1338

横浜青葉台校 045-985-0675 

中3コースも夏期講習が始まりました!

こんにちは!中3も夏期講習に入りました。

今回は高校入試に向けて基礎をもう一度。

まずはデッサンに使われる鉛筆の特徴をつかみましょう!

shikicho2.jpgshikicho1.jpg黒から白へのグラデーションを描いてみました!

地味な作業ではありますが、デッサンの基本となる作業です。

このようにこれから6日間かけて、デッサンの基盤を作り上げていきます!

みんな、暑いけど頑張っていこう!

ページトップへ