芸大・美大受験総合予備校 湘南美術学院 ショナビ|鎌倉大船校横浜校横浜青葉台校

Twitter

facebook

2016年4月

右から左

PIC00279-1.jpgちょっとの間忙しくて、眼前の仕事をただこなし、頭や心に何も残らないような日々を過ごしていました。そうですね、何も残らないと、何も書くことがないんです。ブログを書く暇がない、というより、ブログに心が向かない感じでした。

 

受け取った金品を手元に残すことがなく、そのまま受け渡してしまうときに「右から左」と言いますね。

学習では、右の耳から入っても左の耳から抜け出てしまい、頭の中に留まらないときに使います。

 

物を手渡すとき、自分が取りやすいように利き手で取って、一度両手で扱い、相手が受け取りやすいように持ちかえます。たとえば、ハサミやナイフは刃を自分の方へ向かせ、相手を傷つけないようにしたり、把手のあるモノは相手が受け取りやすいように相手が把手を握れるようにしたりと配慮します。

 

陸上競技の襷(たすき)やバトンもそうです。次の走者が受け取りやすいように心遣いをします。

 

どんなに忙しくても、ちょっと両手で扱うだけで怪我させたり落としたりするのを防げます。両手で扱うと、「どうぞ」という挨拶が自然と口をつきます。「どうぞ」と言われたら「どうも」と応えやすい。

 

相手はもちろん、道具や物への気遣い・心遣いも忘れないようにしたいものです。

(猫型のワインボトル。持ちやすい位置があるんです)

 

 

★新・言の葉ゼミ121 「夢(dream)」

 

①「夢か現(うつつ)か幻か」

②「夢見がち」

③「I have a dream.」

 

「夢」は「寝目(いめ)」の変化という。

(1)睡眠中に、現実にあるかのようにいろいろな物事を半ば見、半ば思い出すような現象。⇔現(うつつ)、(2)実現困難な空想的な願い、(3)実現はしていないが、将来は実現させたい願い・理想、(4)はかないこと、たよりにならないこと。

「dream」は、喜び・音楽が原義、と。(1)夢、(2)夢うつつの状態、夢心地、(3)心に描く~したいという夢、理想、(4)夢のように素晴らしい、美しいモノ。

 

①は(1)、②は(2)、③は(3)の例。

①自分の見ているモノが「夢」なのか「現実のモノ」なのか「幻」なのか? 非現実的な出来事に直面したときの気持ち。「現を抜かす」とは、正気でないさま。

②やや否定的な「夢」の使われ方。「現実」を直視せず、空想の世界に遊ぶような状態。努力を伴わない場合か。

③キング牧師(M.L.King,Jr)が1963年ワシントン大行進の際に行なった有名な演説。「夢=理想」とする用法は、「dream」(3)の翻訳から、とも。

 

以下、勇気をもらえる言葉を紹介して終える(柳田晴子)。

 

●「空を飛ぶことを可能にしたのは 空を飛ぶ夢である」

  英哲学者カール・ポパー(Sir Karl Raimund Popper)

 

●「実際に どう生きたかということは 大した問題ではないのです

 大切なのは どんな人生を夢見たかということだけ

 なぜって 夢は その人が死んだ後も生き続けるのですから」

  ココ・シャネル(Gabrielle Bonheur Chanel)

 

●「夢を実現する秘訣は4つのCに集約される

 それらは 好奇心(curiosity) 確信(confidence)

 勇気(courage) 継続性(constancy) で

 中でも最も重要なのは「確信」である

 あることを信じるのなら全面的に絶対的に

 疑いの余地なく信じなさい」

  ウォルト・ディズニー(Walt Disney)

1dayアート 横浜校 油絵を描こう!

今年度最初の1dayアートは、『油絵を描こう!』

3時間という短い時間の中で、子供たちは自分で組んだモチーフを思い思いに描きました!それでは授業風景をのぞいてみましょう♪


RIMG0534.JPGRIMG0537.JPG

こちらは道具や絵具の説明風景です。現役油画科の鈴木講師の話に興味津々!

油絵を描いたことのない子がほとんどで、みんな聞き入っていました。

説明が終わったら、さあついに油絵を描くぞ!!

RIMG0505.JPG

最初はおそるおそる筆を動かしていた子も、だんだんと夢中でキャンバスに向かうようになっていました。

その表情は真剣そのもの。さて、どんな絵が描けたかな??

RIMG0554.JPG

RIMG0549.JPG

みんなで一緒に作品鑑賞会!!並べられたさまざまな絵たち。

み〜んな同じモチーフを描いたのに、一人一人こんなに違う作品になりました!!

あひるは黄色いから黄色じゃなきゃだめ、そんなルールはありません。

子供たちの描いた絵は、それぞれの魅力があってどの作品もとっても素敵でした。

RIMG0558.JPG

 

最後はみんなで記念撮影!

自分の描いた絵を持って、みんなうれしそうです☆

よくがんばりました(^^)♪

次回の1dayアートは5月15日(日)に青葉台校で『絞り染め』!!

これまたそれぞれの魅力いっぱいの作品が出来上がりそうです♪

お楽しみに!

ジュニアアート3校合同課題 大型モチーフに挑戦!!

こんにちは!ジュニアアートです。

今回は大船、青葉台、横浜3校のジュニアアートが横浜校に集いました!

そして今日の課題はこちら!
10424RIMG0468.jpg

この大型モチーフにみんなで挑戦しました!な、なんだか色々あるな〜!!

しかし今回はデッサンなどでよくあるモチーフすべてを表現する課題ではありません。

このたくさんあるモチーフの中から自分で魅力を感じたところを、その場所をトリミング(切り抜き)して表現するのです!


そして今回の大きなヒントとなるのがこちら。

matisse_jazz_2.jpg

アンリ・マティスという作家をご存知でしょうか?

彼は20世紀を代表する画家のひとりであり、切り絵の作品も発表しています。その代表的なものがこちらの「ジャズ」シリーズです。

マティスを知らなくても、この絵を見たことがある方はいらっしゃるのではないでしょうか?


今回はこのマティスの切り絵をヒントに、大型モチーフから作品を作っていきます!

20424RIMG0472.jpg
まずは最初にどんな絵にするかをクロッキーして考えます。
みんな色々な視点から描いていますね!

40424RIMG0503.jpg決まったら下書きをして、思うまま色紙を貼っていきます!
皆すごい集中力です...!

30424RIMG0479.jpg
みんな足元がどんどん鮮やかになっていきます。笑

50424RIMG0544.jpg
こんなに派手な制作風景もなかなか珍しいですね...。笑

それでは今回出来上がった作品をごらんください☆

itoaya伊藤文.JPG

inabayoshino稲葉紀乃.JPG
senoorin瀬野尾凜.JPG

それではまた来週お会いしましょう〜!

2016年度彫刻科スタート

今年は、俺の年!

2016年度新学期始まりました。

気合入ってます。

160423-13.jpg

160423-1.jpg

160423-2.jpg

160423-3.jpg

260423-4.jpg

160423-5.jpg

160423-6.jpg

160423-7.jpg

160423-8.jpg

160423-10.jpg

160423-11.jpg

160423-12.jpg

ジュニアアート 自分の顔を作ろう!

こんにちは!

今日のジュニアアートは彫刻科さながら、水粘土で自分の頭部(または友達の頭部)を作ってみました。

ほぼ全員が初めての水粘土の触感に、気持ち悪い!と言いつつも、制作が始まれば真剣に取り組んでいました。

DSC08868.JPG

DSC08874.JPG

DSC08877.JPG

お昼休憩挟んで、約4時間立ちっ放しの制作でしたが、小学4年生から中3までみんな集中力切れずに没頭していました!

いくつか完成品を紹介します。

DSC08902.JPG中3の女の子の作品、自分の顔を作りました。形によく反応していて骨格が感じられます。いい彫刻です。

 

DSC08910.JPGこちらも中3の女の子の作品。友達をつくりました。よく似ています。目の表現もとっても自然でいいですね。

 

DSC08916.JPGこちらは中2の女の子の作品。ちょっと上を向いて、物語性のある作品になりました。動きがあっていいですね。

 

他にもたくさんいい作品がありました。全部は紹介できないですが、みんな本格的に彫刻を体験するといういい経験が出来たと思います。

今日は疲れたと思うから、みんなぐっすり寝て休んでね。

ありがとうございました。

 

ジュッデッコーーー

160417 (6).JPG/ こんにちは!\

受験デッサンコースです!

前回好スタートを切ったジュデコー、今週も頑張ってますよ~!

160417 (7).JPG

160417 (1).JPG

160417 (4).JPG

今日の課題は馬頭と足の石膏!

黙々と作業に没頭です...

新メンバーには慣れたかな??

受験デッサンコースは週に一回しか授業がないのでその分

集中して描き上げてくれるので頼もしいです!

しかし同時に、週1という少ない時間だとなかなかジュデコー内での交流が

少なくなってしまうような気がします...

みんな積極的に周りと話したりして切磋琢磨してゆきましょう☆

本日の執筆も助手Aでした!ではでは。

横浜中3コース 自刻像を作ろう!

こんにちは、横浜校中3コースです!

春になり、暖かくなってきましたね〜。

これから新しい仲間たちとがんばっていきましょう!


今回は自分の顔を粘土で作る、自刻像を作りました。

これは美術大学の入試試験でも出題される課題であり、人体の勉強にもなる課題です。

なかなか難しい課題でしたが、皆さんがんばりました!

blog04171RIMG0410.JPGまずはお互いをクロッキーしていきます。
blog04172RIMG0413.JPG現役芸大生の彫刻科講師の説明!

粘土付けの基本を伝授!!

blog04173RIMG0425.JPG今回は鏡を使わず、自分で自分の頭や首を触って形を研究していきます!

手の感覚のみでの制作はとても難しいですが、皆しっかり観察していますね〜。

奥に貼ってあるクロッキーは、客観的な視点の参考にするために友達に描いてもらったものです。

自分とは違う視点で見たものも、制作の重要な手がかりになります。


blog04174RIMG0428.JPG
ガバッと頭を触って、どんな形か確かめます!

吉田講師も一緒に観察!


blog04176RIMG0430.JPG少しの間だけ鏡を使って、今まで触っていた形を改めて確認します。

自分と作品を並べたり、作品を離して鏡に映る自分と見比べたり様々な方法で確認していきます。

大変な課題でしたが、皆必死に食らいついてくれました!!

皆それぞれ思うところもあると思いますが、きっと得られたものも大きいと思います。



来週は大船、青葉台、横浜の3校合同課題です!!ひゅーひゅー!

とてもにぎやかな日となることでしょう!
私たちも楽しみにしています!

それではまた来週〜!

青葉台ジュニア・リトル 触って作ろう!!

こんにちは!

鏡は見ずに、自分の手で触って観察!

ジュニアコースは自刻像

リトルは耳を作りました〜〜DSC02391.JPGのサムネイル画像

DSC02388.JPG

DSC02399.JPG

みんな初めての水粘土ということで、お疲れ様でした〜〜

来週は横浜校にて三校合同で授業!!

大きなモチーフを囲んでの授業になります~。

じゅでこーの初日

こんにちは!受験デッサンコースです!


160410 (2).JPG

160410 (5).JPG

今日からスタートしました受験デッサンコース、

初日はクロッキーでした。

これから頑張っていきましょう!

本日は助手Aが執筆いたしました。

大船ジュニアアート「自画像」

こんにちは!今日は2016年度第一回目のジュニアアートコースの授業でした!

去年から引き続き参加している人もいればまったく初めての人もいて、新鮮なメンバーでのスタート。

そんな新年度一発目のドキドキな空気の中での最初の課題は、自画像デッサン!

みんな自分の顔とじっくり向き合うことに少し照れながらも、最後まで集中して頑張りました。

DSC08740.JPGDSC08744.JPG

自分の前に鏡を置いて、よく観察しながら、明暗、骨格を意識して進めます。

新年度初回の授業なので、鉛筆の持ち方や画材のあれこれなど、基本的なこともみんなで勉強。

それでは完成した作品を見てみましょう!

DSC08755.JPGデッサンの経験はほぼ無い新人さんでしたが、光を意識していたり、髪の毛の毛束感が出ていたり、よく頑張っていました。

左に意図的に余白を作って構図を工夫しているのも良いです。

途中、よく自分の絵を離れて客観的に見ていたので、これから頑張ったらきっとデッサンも上達するでしょう◎

DSC08753.JPGこちらは小学6年生にしてジュニアアート数年目のベテランさん。

本人にもよく似ていますし、キメ顔とポーズがとっても良いです。洋服の描写もすごく丁寧。

鉛筆の使い方もすっかり板についてデッサンらしくなってきました。この調子!

DSC08750.JPG思い切りのある構図が、堂々としていてとても良いです。

こういった潔い入れ方や、先の作品のように表情のある自画像はとても目立つのでおすすめです!

来週は、今日の課題から発展して、鏡を見ずに粘土で自刻像を作る課題です。

普段いちばん見慣れている自分の顔だからこそ、この機会に改めてよく観察して、いろんな発見ができるといいですね。

「正中線」についての知識など、その日勉強したことはよく理解して覚えておいて、これからも活かしていきましょう!

今年も楽しく元気に頑張っていきましょう!!!

1学期始まりました

1743718_766841093423517_2861140505271758790_n.jpg桜がわずかに残る中、本日、3校でそれぞれ受験科ガイダンスを行ないました。いいですね、桜の中の新学期。

 

私は鎌倉大船校で進行役を担当。とはいえ、専攻科の講師陣の話を生徒のような気持ちで聞いていました。

その中に受験科合同授業の説明があったのですが、昼間部の「観察と検証」、夜間部の「クロッキーとは?」・・・どちらも魅力的な内容で、私が授業に参加したいくらいです。

 

さて、約3年続いた「言の葉ゼミ」ですが、今年も継続します。

が、合同授業で扱われた言葉を掘り下げる・・・というのに挑戦したいと思います。

 

試しに今回は・・・。「クロッキーとは?」

 

「クロッキー(croquis)」はフランス語。「短時間に鉛筆やコンテで写生した絵。速写画」。英語では「sketch」。「スケッチ(sketch)」は「略画。写生(画)。大体の印象を軽いタッチで写し取ったモノ」

「クロッキー」と「スケッチ」が同じモノ、とは知りませんでした。驚きです。・・・けれど、日本語にはよくあることなので、すぐに納得(日本語で別々なモノを指している「カルテ」「かるた」「カード」は、元々すべて同じモノ、だそうです)。

もちろん、これはあくまで言葉の解釈。実際の授業をお楽しみに~♪

 

合同授業はGW明けですが、なんだか待ち遠しいです。

2015年度合格者のみなさんおめでとう、そして春期講習

この春、晴れて大学生となった皆さん。

ここからまた新なスタートです。制作に打ち込み、充実した大学生活を!

DSC_0524'.jpg

DSC_0521'.jpg

DSC_0523'.jpg

また、湘南美では新しいメンバーで来年の合格を目指して頑張りましょう!

春期講習。人体塑造では粘土を大きく動かし、長い時間向き合い充実した内容の作品が多くありました。

ここからのスタートをいいイメージで切れたのではないでしょうか。

1.jpg

2'.jpg

3'.jpg

4'.jpg

5'.jpg

6'.jpg

7'.jpg

ページトップへ