芸大・美大受験総合予備校 湘南美術学院 ショナビ|鎌倉大船校横浜校横浜青葉台校

Twitter

facebook

ジュニアアートコース: 2013年11月

ジュニアアート、中3合同「石膏デッサン」

今回は本格的な石膏デッサンを勉強しました。

中3生も石膏デッサンは多い学生でまだ2、3枚。初めての学生のほうが多かったようです!

 

ジュニアアートコースの学生はほとんどが初めての挑戦です!!小学生が石膏デッサンをここまで本気でやるのはなかなかないことではないでしょうか!

sekkou0.JPG

今回の石膏は、マルス、ボルゲーゼの闘士。カッパヴィーナス、馬頭です!

デッサンの姿勢から、構図のとり方、直す作業について指導しました。講師によるデモンストレーションも豪華3人!

それでは作品紹介・・・

sekkou.JPGsekkou3.JPGsekkou6.jpgsekkou4.JPGsekkou5.JPG初めてのデッサンで色がしっかりのせれていて、像の印象が良いものを集めてみました!!

他にも頑張ったデッサンがいっぱいありました。

みんな難しい課題を最後までめげずにやりきりました!それが素晴らしいことですね!

お疲れ様でした^-^!

横浜青葉台校いろはゼミ最終回!

今日は、青葉台校のいろはゼミの最終回でした!

版画についての勉強をしたあと、卒業制作。

いままでの集大成、気合いが入ります。

1124nanaseisaku.jpgねんどで何を作るのかな・・・?

1124sigi1.jpgイメージの世界に没頭!!!

出来上がりは、すばらしいものになりました。

1124nanaria.jpgかわいい、うさぎの置物です。

お母さんへのプレゼントにするのだとか・・・^^

1124sigihara.jpg
想いのこもったイメージデッサン。

世界が終わる日、女の子は目を閉じて眠っている。

すると猫がやってきていいます。「もう世界は終わってしまうよ」

女の子は、自分が乗っている宇宙人が飛ぶのにまかせて、

終わる世界をあとに飛び立ちます・・・

みずみずしい才能あふれる二人の、すばらしい作品に感動の一日でした。

来週からは、いよいよジュニアアートコース始動!

本格的な実技の勉強が始まります。どうぞお楽しみに!

横浜青葉台校:ジュニアアート・冬期講習会のおしらせ

今年の冬期講習会は横浜青葉台校でも中学生対象のジュニアアート開催。

奮ってご参加ください!

 

jraoba.jpg

ジュニアアート『水粘土を使って野菜と幾何形体を合わせて作る』!



今日は水粘土を使って、野菜と幾何形体の構成課題に挑戦しました!

水粘土は乾いてしまっても、水で何度でも元に戻る粘土です。

工芸科や彫刻科が受験の際にも使う粘土で、独特の粘り気と砂目があります。

幾何形体とは立方体や直方体、円柱や円錐など、

直線または曲線と、平らな面と曲面で出来たかたちのことです。

簡単そうで難しい!とてもテクニックのいる課題です!

20131117 no1.jpg

工芸科の秋山先生の直線!平面!の作り方指導中!

20131117 no2.jpg

いろんな道具を駆使して、きれいなエッジ(角)をだすぞ〜

20131117 no3.jpg

全員の作品を並べてみると圧巻です!

とても小学生・中学生の作品とは思えません!クオリティ高し!


何点か、近くでお見せしちゃいましょう!

20131117 no4.jpg

とても世界観が強くていいですね!

トマトと幾何形体の境目の形をもっと追求していけると

もっともっと良くなるでしょう!

20131117 no5.jpg

こちらはテトラポッドの形を組み合わせて作った力作です。

果たしてどうやって立っているのでしょうか...芯棒は使ってませんよ!

構成もさることながら、てっぺんにあるニンニクもかなりの精度!

20131117 no6.jpg

こちらは柿をじっくり作りこんであって、とても見応えがあります。

特にヘタのところがとってもリアル!

構成も相まって、ドキッとさせられる作品です。


今日学んだ、幾何形体の作り方は今後の制作のいろんな場面で

生きてくると思います。

みんな良くメモを取って、覚えておいてくださいね!

来週は石膏デッサンをやります!

初めての人も多いと思いますが、楽しんで取り組むことが大切ですよ〜

頑張りましょう!

ジュニアアート『空間構成デッサン』!

先週の野焼きを経て、今日はしっかりデッサンの

ジュニアアート。

石膏像に白い布をかぶせたものを、3つ組み合わせた

大型モチーフを使って、主役ではなく脇役を描くデッサンに挑戦しました!

つまり、石膏像を描くのではなく、アトリエのまわりの景色を

切り取って描くことによって、主役を引き立たせてゆく、

ちょっと上級者向けの課題です。

20131110zentai.jpg

それぞれ、色々な場所に陣取って、

他の人が気がつかないような隙間をさがしています・・・

20131110urara.jpg

目が合った!!!

20131110yuu.jpg

う〜〜〜ん・・・悩む!

20131110sumi.jpg

なにか見つけたみたい!

それぞれが、それぞれのモチーフと向き合った5時間。

講評棚には、講師も目を見張るほどの

発想力に富んだ作品群が並びました!

20131110kouhyou.jpg

少しご紹介しちゃいましょう。

20131110kawabe.jpg

生徒からの人気投票で一位を獲得しました。

天井がとてもよく描けており、完成度の高い作品です!

下半分に描き込まず、グレーに残したのも心憎い。

20131110sakuhin-urara.jpg

こちらは人気投票第二位。

エッジのきいたシャープな画面に、とことん塗り尽くした黒が

映えています!オシャレ!

20131110satuki.jpgのびのびとした自由な発想で、モチーフと、それを取り囲む

人やモノたちを構成してある作品です。

いまだから描ける怖いもの知らずさ、とも言えますが

この感性をずっとずっと大切にしていってほしいですね。

20131110mizuki.jpg

ひとり、木炭紙大の大きな画面でがんばりました。

組合わさった机の向こうにある床をしっかり描写できているので、

白く抜いた机が立体的に立ち上がって見えますね。

中央の「!」マークにもご注目!

 

いかがでしたでしょうか。

みんな小学6年生から中3までの生徒さんたち、

もはや恐るべき子供たちとしか言いようのない才能とセンスの固まりです。

これからの成長がますます楽しみになる、そんな課題でした。

来週は粘土!いったいどんな作品を見せてくれるのか・・・

乞うご期待!です。

ジュニア、中3 野焼き&バーベキュー in 大磯

昨日は毎年恒例、「テラコッタ野焼き&バーベキュー」

先週の台風で延期になった野焼きでしたが、無事天候にも恵まれ、美味しいバーベキューと野焼きが出来ました!!

まず本命の野焼きの様子

DSC09547.JPG講師の指導で野焼きが始まりました。燃焼筒で作品を覆い、そこに燃焼剤を入れていきます。DSC09552.JPGお友達も呼んで楽しく焼いちゃいます!DSC09554.JPGもくもくと砂に穴を掘る男子学生。後ろの穴は最終的に人がまるまる入れるくらいになりました。驚き!!(野焼きもちゃんとしてます)DSC09562.JPG野焼きには3時間から4時間かかるので、その間にバーベキューを始めます!DSC09578.JPGご家族の方々も大活躍!!お父さんが流木を割って薪を調達してくれました。これで焼き芋も!DSC09586.JPG講師の築野先生!お母さん達の協力もあり、美味しい豚汁も完成!!DSC09587.JPGお肉に群がる学生達!野菜も食べてね!DSC09558.JPGそんな中、隣では建築家講師の平山先生のワークショップが始まっています!DSC09568.JPGテトラポットに石を垂直に立てていきます。こんなことが出来るのかとみんな驚き!さあ、挑戦です。DSC09572.JPGこれが意外にハマるんです!DSC09588.JPG建築家講師の平山先生!最終的にはこんなになりました。いつのまにかにすごい芸術作品になってしまいました!通りすがりの人もびっくりしていました。DSC09599.JPG野焼きも完成!!焼け具合が疎らになってしまいましたが、これも野焼きの面白いところです。うまく焼けなかった学生はまたリベンジしましょう!DSC09604.JPG総勢40名ほど集まった今回の野焼き!みんな楽しんでくれたようで大成功です!そしてお疲れさまでした!!また来年もお楽しみに!

ページトップへ